Daichi Yamamotoのアルバム『WHITECUBE』から自身も撮影を担当した"maybe"のミュージックビデオが公開

Daichi Yamamotoが昨年リリースしたアルバム『WHITECUBE』から、"maybe"のミュージックビデオが公開された。

この楽曲はAru-2がプロデュースを手掛け、Daichi Yamamotoの音楽に対しての喜怒哀楽が詰め込まれた1曲。撮影を担当したのは、Daichi Yamamoto作品に欠かせない存在となった写真家 / 映像作家・堀裕輝に加え、Daichi Yamamoto本人も初めてカメラマンとして参加している。

2021年の夏から撮影はスタートし、お互いに撮影したフィルムを絵葉書のように送り合うという制作方法を採用。東京と京都という2つの生活の場を繋ぎ、アーティスト本人の生活が垣間見える作品になっている。

ドレッドを切り落とし、新たなステージに挑もうとする2022年のDaichi Yamamotoの始動のミュージックビデオとなった。

Info

Stream / DL Link :
https://ssm.lnk.to/WHITECUBE

Title : WHITECUBE 
Artist : Daichi Yamamoto 
Label : Jazzy Sport 
Date:2021.6.16 [ Wed ] 

Film by Daichi Yamamoto & Yuki Hori

Produced by Aru-2
Written by Daichi Yamamoto
Mix & Mastered by Naoya Tokunou

[ New Merch]
Daichi Yamamoto/WHITECUBE Sweatshirts-NAVY-
https://jsshimokita.theshop.jp/items/58663017

RELATED

Daichi Yamamotoが本日リリースしたアルバム『Radiant』のPOP UPを開催

Daichi Yamamotoが本日5/15(水)にニューアルバム『Radiant』をリリースした。

KaneeeがDaichi Yamamotoを迎えた"ヤバいな"をリリース | 初のワンマンが東京・大阪で開催決定

KaneeeがDaichi Yamamotoを客演に迎えた新曲"ヤバいな feat. Daichi Yamamoto"を本日リリースした。

Daichi YamamotoがJJJ全曲プロデュースの新作『Radiant』を5月にリリース

Daichi Yamamotoが5/15(水)にニューアルバム『Radiant』をリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。