Gottz、Ryohuが書き下ろしたブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”がリリース

世田谷を拠点に活動するヒップホップクルーKANDYTOWNに所属するラッパーのGottzとRyohuが、同じく世田谷をホストエリアとして活動するラグビーチーム・ブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”を書き下ろし、本日2022年1月28日にリリースした。また、同楽曲が使用された2022年シーズンにおけるブラックラムズ東京のプロモーションビデオが今夜20:00よりYouTubeにて公開される。

“WINNING”は、HIYADAMやDaoko、JUBEE(Creative Drug Store / Rave Racers)などのサウンドプロデュースを務める新進気鋭のトラックメイカーYohji Igarashiがトラックを制作。ブラックラムズ東京のチームビジョンである「Be a Movement.」を基に、勝利を掴むための努力や精神、選手をはじめスタッフやファンとの結束力をキーワードに制作され、試合に挑む選手たちの一歩を後押しするような力強い楽曲となっている。

ブラックラムズ東京のプロモーション映像はHIYADAMからMega Shinnosukeまで幅広く手がける若手映像監督Nasty Men$ahがディレクションを担当。Gottz、Ryohuの他、ブラックラムズ東京のチームキャプテンの武井選手をはじめ、笹川選手、西川選手、メイン選手、栗原選手、柳川選手が出演している。「世田谷」を拠点に活動する共通点をきっかけに実現した今までになかったコラボレーションに注目だ。

Info

≪リリース情報≫

楽曲名:WINNING

アーティスト名:Gottz,Ryohu,Yohji Igarashi

配信リリース:2022 年 1 月 28 日

配信 URL:https://lnk.to/LessProject_WINNING

≪YouTube 情報≫

公開日時:2022 年 1 月 28 日 20:00 公開

URL:https://youtu.be/KDwTECN98mk

related

【鼎談】Ryohu × 冨田ラボ × Illicit Tsuboi | Ryohuのキャリアがつなげた奇跡的な縁

Ryohuは日本のヒップホップシーンを代表するラッパーでありながら、同時にバンドカルチャーも並走してきた。

Ryohuが2ndアルバム『Circus』を来週リリース | YONCE、IO、佐藤千亜妃、Jeterなどが参加

KANDYTOWNのメンバーでもあるRyohuが、ソロとしては2年ぶりの2ndアルバム『Circus』を来週9/21(水)にリリースする。

AOTLによるコンピレーション『X-FACTOR』と『X-FACTOR 2 “Deluxe”』が限定アナログ化 | IOやKEIJU、Yo-Sea、Gottz、MUD、3Houseなどが参加

Yo-Sea、3House、HIYADAM、GOODMOODGOKUらを擁するエージェント/レーベル、AOTLが2018年にリリースしたコンピレーション『X-FACTOR』と2022年にリリースされた続編『X-FACTOR 2 “Deluxe”』がアナログでリリースされることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。