ビートメイカー/プロデューサーのhokutoがニューアルバム『plums』から“Shooting Star feat. CHICO CARLITO & R-指定”のMVを公開

ビートメイカー/プロデューサーのhokutoが、ニューアルバム『plums』から客演に盟友CHICO CARLITOとR-指定(Creepy Nuts)を迎えた"Shooting Star feat. CHICO CARLITO & R-指定"のMVを公開した。

"Shooting Star”はhokutoによる癖になるループを土台としたビート上で、CHICO CARLITOとR-指定がそれぞれの熱い思いを歌い上げた楽曲。MVの監督はCreepy Nuts"のびしろ"も手掛けたNasty Men$ahが担当。余計な脚色はせず、2人のリリックがダイレクトに伝わるクールな映像作品に仕上がっている。

本楽曲を収録したアルバム『plums』はR-指定、CHICO CARLITO、TOCCHI、HANG、唾奇、WILYWNKA(変態紳士クラブ)、VIGORMAN(変態紳士クラブ)らを招き、ヒップホップの軸はブレないまま、MPCだけではない多種多様なサウンドを取り入れた上で現在進行形でアップデートした幅広い音楽性を見せた作品。心地良いメロディとキャッチーさを保ちつつも、エモーショナルなサウンド、ヘッズを唸らすディープな一面も見せており、自身の揺るぎないヒップホップへのマナーと愛を凝縮させた一つの物語が体現できるアルバムとなっている。

Info

▼hokuto「plums」▼

Artist : hokuto (ホクト)

Title : plums (プラムズ)

Label : SOUL BROTHA

Release Date : 2021年09月29日(水)

Format : CD/DIGITAL

Price : 2,500YEN + TAX(CD)

URLs : https://ultravybe.lnk.to/plums

収録曲

1. plums

2. Kid's Dream feat. WILYWNKA

3. Echo feat. peko & テークエム

4. Good Time feat. TOCCHI & HANG

5. 最新 feat. WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

6. Babe feat. 18scott

7. Alright feat. 唾奇 (New ver.)

8. FWC off -Interlude-

9. Imposter feat. 唾奇 & 仙人掌

10. I Think About Music feat. VIGORMAN & vividboooy

11. Shooting Star feat. CHICO CARLITO & R-指定

12. Last Song For... feat. SNEEEZE

13. Storybook feat. MUD & MuKuRo

14. Blue Note Step

15. UNDERRATED feat. NF Zessho

related

hokutoの2ndアルバム『plums』にtofubeatsなどが参加したデラックス版がリリース

ビートメイカー/プロデューサーのhokutoが、昨年9月に発表した2ndアルバム『plums』のデラックス版『plums "Deluxe"』を本日9/28(水)にリリースした。

hokutoがニューアルバム『plums』から客演に唾奇と仙人掌を迎えた"Imposter"のMVを公開|ボーナストラック追加でアナログ化も決定

年9月29日に発表した5年振りのフルアルバム『plums』から盟友の唾奇と仙人掌(MONJU)を迎えた"Imposter feat. 唾奇 & 仙人掌"のMVを公開した。

hokutoのニューアルバム『plums』から客演にTOCCHIとHANGを迎えた"Good Time"のミュージックビデオが公開

ビートメイカーのhokutoが本日9/29(水)に発表した5年ぶりのフルアルバム『plums』から盟友のTOCCHIとHANGを迎えた"Good Time"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。