Sound’s Deliが1stアルバム『MADE IN TOKYO BANG』からSEEDAを迎えた“GOODBYE”のMVを公開

ヒップホップコレクティブSound’s Deliが、8月にリリースされた1stアルバム『MADE IN TOKYO BANG』からSEEDAをフィーチャーした“GOODBYE”のMVを公開した。

仲間と今を最大限に楽しむ姿勢、未来を切り開く勢いや情熱をパッケージングした1stアルバム『MADE IN TOKYO BANG』。アルバム内で唯一の客演参加楽曲となる“GOODBYE feat. SEEDA”は、ビートをクルーのエグゼクティブプロデューサーであるMET as MTHA2が担当し、クラシカルなヒップホップの要素と現代のフレッシュな感覚が混じり合うサウンドで、彼ららしいフレッシュなパワーが詰め込まれた楽曲となっている。

Info

アーティスト:Sound’s Deli

タイトル: MADE IN TOKYO BANG

発売日: 2021年8月18日(水)

■ 配信リンク

https://soundsdeli.lnk.to/MADEINTOKYOBANG_AL

■CD発売リンク

https://manhattanrecords.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=&pgi=&cicon=&dosp=&dpcnt=60&img=1&max=&min=&sort=10&swrd=LEXCD21007&udns=2&fpfl=0&col=&pno=1

■TRACK LIST

1. INTRO

2. MADE IN TOKYO BANG

3. DAWG LIFE FREE STYLE

4. STILL DAWG LIFE

5. BOSS FLOW

6. VIP

7. DO DUMB SHIT

8. SCAPE

9. GOODBYE (feat. SEEDA)

■CREDIT

Lyrics : Sound’s Deli @sounds_deli

Beats & Pre mixing : MET as MTHA2 @met_mfs

Mixing & Mastering : murozo @murozo_jp

Album Artwork : Shun Yazawa @yaaaaaazzy

Photo : Sotaro Goto @sotarogoto

Distributed by : Lexington Co., Ltd.

Ⓟ&Ⓒ 2021 Sound's Deli / Lexington Co., Ltd.

related

Awichが日本武道館ワンマンライブ『Welcome to the Queendom at 日本武道館』を来年3月に開催

Awichが初の日本武道館公演となる『Welcome to the Queendom at 日本武道館』を 2022年3月14日に開催することを発表した。

sacaiがUltimate Breaks & Beatsで知られるレコードレーベルStreet Beat Recordsとのコラボコレクションを発売

北京・SKP-SのT-10 Galleryにて開催されるエキシビション『Style in Revolt』の一環として、sacaiが、サンプル・ブレイク・ビート・トラックの「Ultimate Breaks & Beats」シリーズ を手がけた伝説のレコードレーベルStreet Beat Re...

HELLY HANSENが長谷川昭雄とコラボしたFIBERPILE(R) のジャケットとパンツを数量限定で発売

HELLY HANSENがスカンジナビア半島の厳しい寒さからワーカーたちを守るために開発した防寒素材・FIBERPILE(R)(ファイバーパイル)の生誕60周年を記念し、ファッションディレクターの長谷川昭雄とのコラボレーションアイテムを、12月10日(金)より数量限定で 直営店とGOLDWIN W...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。