Autumn Fruit & GenefがEP『Mahabaubi』をリリース

アーティストAutumn Fruitと、名古屋で活動するクリエイティブチームTripRoom、関東のコレクティブWATER DAWGSに所属するビートメーカーGenefによるEP『Mahabaubi』が音楽レーベルmakranより11月12日(金)にリリースされる。

『Mahabaubi』はAutumn FruitとGenefによる初のコラボレーションEPであり、二人で作り上げた独特な世界観を持つ作品。深い森の奥で暮らす架空の民族「Mahabaubi」をテーマに、トライバルな世界観に包まれた4曲を収録している。

 「Mahabaubi」の世界へと引き込む冒頭曲の“Empty Plate”から2曲目“Pretty lies”への移り変わり、また後半から加速する物語やサウンドから「Mahabaubi」の世界観のスケールを感じ取ることができる。日々忙しなく都市で生きる中、作品を通して深い森の匂いや時間の流れを思い出し、ふと気がついた時にはその民族の一員になっているような感覚を喚起する作品に仕上がっている。

 アートワークはAutumn FruitとGenefが出会うきっかけとなった沖縄在住のペインターnomura elicoが手がけ、サウンドから着想を得て描かれた絵画がEPのジャケットとなっている。

楽曲はmakranよりBig Up!を通して各種配信サイトにてリリースされるほか、Genefが所属し、名古屋を拠点として活動するクリエイティブチームTripRoomのメンバーであるRyo Tokiyoshiがディレクションを担当した“Hue Forest”のMVがmakranのYouTubeチャンネルにて同時公開される。

Info

■楽曲配信リンク

https://big-up.style/qxfJJ4pbbX

"Mahabaubi"

1.Empty plate

2.Pretty lies

3.Abuku

4.Hue Forest

Produce: Genef

Arrange: Ryuuta Takaki

Mixing&Mastering: Ryuuta Takaki

Artwork: nomura elico

©2021 makran

”Hue Forest” Music Video

Direction: Ryo Tokiyoshi(TripRoom)

Camera: kotaro katagiri

Camera Assistant: Kenta Tanemura

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。