日本のハウスミュージックのパイオニアECSTASY BOYSが94年にリリースしたデビューアルバム『Moon Dance』がリマスタリング・リイシュー

故・天宮志狼率いる日本のハウスミュージックのパイオニアECSTASY BOYSの1994年発売のデビューアルバム『Moon Dance』が、25年以上の時を超え2021リマスタリングバージョンでリイシューされる。

2009年に惜しまれつつもこの世を去った天宮志龍(志狼)と、弟の天宮辰朗、キーボーディスト小滝みつるらを中心に結成されたECSTASY BOYS。90年代の日本のハウス創成期を語る上では欠かせない彼らのデビューアルバムが、アルバム参加メンバーでもあるDr. Tommy (D.T.Construction / Ecstasy Boys / ex. Vibrastone) の手により全曲リマスタリングが施され、待望のCDリイシューを果たす。

ユニットの名づけ親でもあり、アルバムの1曲目と2曲目のプロデュースを担当したのは、1982年にマドンナのファーストシングル“Everybody”をプロデュースしたことでも知られるNYの大御所マーク・カミンズ。またNYの超名門ハウスレーベルStrictly Rhythm からもリリースを果たした“Holy Spirit Dance”も収録されている。

”天宮さんはスタジオの中でもDJブースの中でもオーバーアクションが素敵でした。たとえ一つのトラックをミュートするときでも全身全霊でやっていて、その気持ちの大切さが今になって身にしみます。天宮さん、どうもありがとう!”
― Soichi Terada

Info

■Ecstasy Boys - Moon Dance (2021 Remaster) (CD)

amidst / AMDS-004 / 12月15日発売 / 2,640円(税込)

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008344941

試聴リンク:https://soundcloud.com/amidst-records/amds004-ecstasy-boys-moon-dance-cd-snippets

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。