Guchon & Pharakami SandersのスプリットEP『Summer Cutz』が12インチとデジタル配信でリリース

東京を拠点に活動するDJ / プロデューサーのGuchonとPharakami Sandersが、夏というコンセプトを全面に押し出したEP『Summer Cutz』をKool Switch Worksよりリリースした。

Kool Switch WorksはPharakami Sandersにより運営され、日本国内のゲットーミュージック、ジューク/フットワーク、エレクトロシーンを牽引しているレーベル。

本作『Summer Cutz』は、GuchonとPharakami Sandersの2人の共通項であるゲットーミュージックに清涼でスイートな要素を存分に取り入れた作品となっている。マスタリングは大阪で活動するアーティストMetomeが担当。また、アートワークはGuchon自身が手掛けている。

12インチレコードでのリリースと各種プラットフォームでデジタル配信され、グッズとしてオリジナルメッシュポーチも同時に発売される。12インチレコード、メッシュポーチともにDLコードが付属し、購入者特典としてPharakami Sandersのライブ音源を収録したポストカードも付属する。

この夏を爽快に過ごす上で欠かせない作品だ。

Info

アーティスト:Guchon & Pharakami Sanders

タイトル:Summer Cutz

レーベル:Kool Switch Works

ジャンル:Ghetto / Electro / Bass / Breakbeats

フォーマット:12インチレコード、デジタル配信

リリース日:2021年8月18日

配信URL:https://fanlink.to/f4Ri

YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=3gVZJISCcrA

Soundcloud:https://soundcloud.com/koolswitchworks/ksw-34-summer-cutz-12inch-teaser-guchon-pharakami-sanders

レーベル公式WEB:https://www.koolswitchworks.com/

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。