台湾のラッパーSOWUTがテクノコレクティブSmoke Machineのメンバーdiskonnectedとのコラボ曲を発表

台湾のアンダーグラウンドシーンで活躍するラッパーのSOWUTが、"JOY"と"BENJAMIN"の2つの新曲を発表している。

SOWUTは幼少期をカナダで過ごし、帰国後にはHigher BrothersのMa Siweiやメインストリームからローカルなラッパーたちまで数々のコラボを行ってきた。昨年2020年には、メンズファッションブランド吉豐重工Guerilla Groupが主宰するレーベルNXWV(Nextwave 新浪潮)に加入。ラップバトル番組『大嘻哈時代 The Rapper』にも参加し、チャンピオン候補と目されている。

番組内でも披露した2曲の新曲は、テクノコレクティブSmoke MachineとOrganik Festivalの共同創始者diskonnectedがコラボで参加。ドリルをベースに、テクノのインダストリアル感が重ねられている。

"JOY"のミュージックビデオは、皮肉な歌詞に合わせて無限に広がるミラー反射を隠喩に、各時期の自分との対話を表現。

"BENJAMIN"は『ベンジャミン‧バトン 数奇な人生』からも影響を受けており、過去と区切りをつけて明るいイメージが対照的になっている。MVは両方ともNXWVプロダクションによるものだ。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。