Prius Missileが初音ミクを用いた10分にわたる音響詩 “Akihabara Ginsberg”のMVを公開

東京を拠点に活動するコンセプチュアルな電子音楽ユニットPrius Missileが “Akihabara Ginsberg”のMVを英語字幕付きでYoutubeにて公開した。

本MVは6月19日にclubasiaにて開催された『Local World x ether』やBBBBBBB主催の4/25(日)に開催されたオンラインイベント『powwwerrr』にて上映され、注目を集めたもの。

“Akihabara Ginsberg”は、初音ミクを用いつつ、リーディングの形式を引用した楽曲。リリックではしばしば国粋主義者が用いる「桜」といったモチーフが扱われながらも、同時にストリートからの情景も描かれ、各モチーフは入り乱れ、本来の文脈から切断される。結果として、登場するモチーフは国家とは無縁の、個人の恋愛や葛藤といった情動に収束して語られる点が同曲の特徴となる。

MVはメンバーのRITSUKOが3DCGを構成し、撮影、編集したものをPriusが再編集したもの。翻訳は東山 真蔵が手がけている。上空を東京都庁が浮遊し、巨大な桜がそびえ立ち、マリファナが生い茂るを秋葉原の大通りを舞台に、Prius Missileのキャラクター「プリウスちゃん」が歌い、街を走り抜ける。

また、同曲はBandcampにてリリースされているEP『Do You Happy?』にも収録されている。

Info

Do You Happy? / Prius Missile 

https://priusmissile.bandcamp.com/album/do-you-happy 

2020年12月30日リリース

フォーマット:デジタル配信

1.Do You Happy?

2.Chopstick Pop

3.Akihabara Ginsberg I

4.Akihabara Ginsberg II

5.Prius Missile Designer Tissue Soundtrack

6.Receipt

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。