Gokou Kuytが1年8ヶ月ぶりの新曲"Type Beat & SoundCloud"をリリース

2017年ごろからSoundCloudを中心に活動をスタートし、中野や高円寺、そして様々なアニメや漫画など多種多様なサブカルチャーを経由した独特の感性と等身大のリリックで支持を集めるGokou Kuytが、1年8ヶ月ぶりとなるニューシングル"Type Beat & SoundCloud"を本日7/21(水)にリリースした。

近年は「RASEN」への出演を皮切りに、XY GENE、Minchanbaby & RhymeTube、そしてkim taehoonやgummyboyなどなど気鋭アーティストとのコラボなどが話題となっていた中での新曲。彼のこれまでの活動の大きなキッカケになった2つのキーワードへの想いを素直に投影した楽曲だ。

アートディレクションは『水曜日のダウンタウン』や『高校生ラップ選手権』などを手掛ける榛葉大介。イラストレーターとして参加した鈴木旬はアナログ感の強いマンガやアニメタッチが特長で、Gokou Kuytの世界観を表現したものとなっている。

Info

Artist: Gokou Kuyt

Title: Type Beat & SoundCloud

Label: TOKIO SHAMAN RECORDS

7月21日 配信リリース

配信リンク: https://gokoukuyt.lnk.to/typebeatsoundcloud

related

WWWのレギュラー企画『NEWWW』にGokou Kuyt、SARA-J、Wez Atlasが出演

これまで新たなシーンを形作り始めた新世代のミュージシャンたちが出演してきた渋谷WWWのレギュラー企画『NEWWW』が7月23日(金・祝)に開催。4月ぶりの開催となる今回は、Gokou Kuyt、SARA-J、Wez Atlasの3組が出演する。

gummyboyが客演にGokou Kuytを迎えた新曲“game”をリリース|リリックビデオも同時公開

gummyboyがGokou Kuytをフィーチャーした新曲“game”をリリースした。

kim taehoonがGokou Kuytをフィーチャーした新曲“DRIP DRIP DRIP”をリリース

韓国生まれ、東京育ち、東大卒という経歴を持つシンガー、トラックメイカーkim taehoon。彼の2021年第一弾となる新曲“DRIP DRIP DRIP feat. Gokou Kuyt”がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。