MIKEがニューアルバム『Disco!』をリリース

ニューヨークを拠点に活動し、Earl SweatshirtやPink Siifu、Navy Blueらと共にアンダーグラウンドラップシーンの一角として注目を集めるラッパーMIKEが、ニューアルバム『Disco!』をリリースした。

MIKE自身のレーベル10kからリリースされた『Disco!』は、昨年発表された『weight of the world』以来のアルバム。MIKEの別名義であるdj blackpowerとして全曲をセルフプロデュースしており、客演としてSideshowとAssiaが参加している。昨年エレクトロニックミュージックやハウス、ボサノバに傾倒していたというMIKE。今作は彼の特徴であるヘビーなリリックとグリッチしたトラックが受け継がれる一方、以前と比較してよりキャッチーなテイストが見られる作品となっている。

またChristopher Currenceが手がけたビジュアライザーも公開されているほか、収録曲 “Crystal Ball”、“Evil Eye”、“Spiral”のMVも公開となっている。

Info

MIKE - Disco!

June 21, 2021

10k

https://10k.ffm.to/mike-disco

1. Evil Eye

2. alarmed! ft. Sideshow

3. Leaders of Tomorrow (Intro)

4. Center City

5. Big Love

6. Aww (Zaza)

7. ghoulish

8. Babyvillain (in our veins)

9. at thirst sight by Assia

10. Frogville (Mk Ultra)

11. Endgame

12. World Market (Mo' Money)

13. Crystal Ball

14. Sandra

15. tailwind

16. Airdrop

17. Spiral/Disco (Outro)

related

【コラム】Earl Sweatshirt『Some Rap Songs』から紡がれるアンダーグラウンドの新しい波

世界的に未曾有の事態が続いた2020年。パンデミックは音楽シーンにも並々ならぬ影響を及ぼし、多くのアーティストが、これまでとは違う形態での活動を強いられた。オンラインでのライブが一般的となり、我々リスナーの体験も大きな変化を余儀なくされる中、Travis Scottの『Astronomical』を筆頭に、前例の無い状況下で新たなクリエイションを模索するアーティストの試みに刺激を受けた方は多いだろう。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。