tamanaramenが新曲“hazama”をリリース

HikamとHanaによるオーディオビジュアルユニットtamanaramenが、新曲“hazama”を6月19日にサプライズリリースした。

“hazama”は自身初となる10分に及ぶ長編の楽曲。昨年末からtamanaramenの制作テーマのひとつとなってきた「寂しさ」というキーワードの下、個人に内在する感情に向き合うこと、二人 で会話を繰り返す中で生み出された作品となっている。

二人によるコメントは以下の通り。

等身大の個人的な思いとその痛みは自分の中に密かにしまうことが多い。誰かに打ち明け ることはなんだかこわい。しかし、去年末から今年にかけて、少しづつ自分たちの内側を 向き合わなきゃいけない気がした。

「暗いから光がわかる/ここじゃないどこかに行きたい/包まれている中に孤独がある」

Info

tamanaramen - 「hazama」

6/19 Release

https://linkco.re/x3SyMv2G

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。