BLAHRMYが9年ぶりの2ndアルバム『TWO MEN』をリリース|収録曲"Woowah"のMVも公開

神奈川は藤沢を拠点とするMILES WORDとSHEEF THE 3RDによるユニットBLAHRMYが、9年ぶりとなる2ndアルバム『TWO MEN』をリリースした。

2010年に自主制作での1st EP『Duck's Moss Village』、DLiP Recordsに所属して2012年に1stアルバム『A REPORT OF THE BIRDSTRIKE』をリリース。その後はBLAHRMYとしての活動と並行して個々の活動にも力を入れ、MILES WORDはソロでのEP『STATE OF EMERGENCY』やNAGMATIC、Olive Oilとの各コラボ作を、SHEEF THE 3RDはソロでの1stアルバム『MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE』やRHYME&B(DINARY DELTA FORCE)、DJ BUNTAとの各コラボ作を発表してきた。

BLAHRMYとしては2014年のEP『DMV2-TOOLS OF THE TRADE-』以来となる今作『TWO MEN』は、客演にはDLiP Recordsの同胞DINARY DELTA FORCEからRHYME BOYA、DINARY DELTA FORCEのcalimshot a.k.a. Cally WalterとFortune DのユニットであるRahblenda、そしてMONJUから仙人掌が参加し、全曲をDLiP RecordsのNAGMATICがプロデュースしている。

また、リリースに合わせて収録曲"Woowah"のミュージックビデオも公開となった。

Info

アーティスト: BLAHRMY
タイトル: TWO MEN
レーベル: DLiP Records
配給: P-VINE, Inc.
発売日: 2021年6月15日(火)
仕様: CD/デジタル
品番: DLIP-0068
Stream/Download/Purchase:
https://p-vine.lnk.to/V5uMSTgQ

<トラックリスト>
1. Woowah
2. B.A.R.S. Remix feat. RHYME BOYA
3. Skit #Twenty-Five
4. Aliens
5. One, Two
6. Rap Up
7. Hey B.
8. Fiesta feat. Rahblenda
9. Recommen'
10. Thrilling
11. Flight Numbah
12. ASBNIK
13. Interlude #It's Tough Being A Man
14. Living In Da Mountains feat. 仙人掌
15. 続、

related

BLAHRMYが2ndアルバム『TWO MEN』から仙人掌をフィーチャーした"Living In The Mountains"のMVを公開

神奈川は藤沢をREPするMILES WORDとSHEEF THE 3RDによるユニットBLAHRMYが、9年ぶりの2ndアルバム『TWO MEN』から仙人掌をフィーチャーした話題曲"Living In The Mountains"のミュージックビデオを公開した。ディレクションはKIKI humanmonochromeが担当している。

BLAHRMYの2ndアルバム『TWO MEN』のアナログ盤がリリース|新たにリミックスバージョン2曲を収録

神奈川は藤沢をREPするMILES WORDとSHEEF THE 3RDによるユニットBLAHRMYが、9年ぶりの2ndアルバム『TWO MEN』のアナログ盤をリリースする。

BLAHRMYのSHEEF THE 3RDがソロEP『Piece is. EP』をリリース

MILES WORDとのユニットBLAHRMYとして2ndアルバム『TWO MEN』をリリースしたばかりのSHEEF THE 3RDが、立て続けにソロEP『Piece is. EP』を7/21(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。