フランスのユニットDaisy Mortemが新作『Fausse Nouvelle』をリリース

フランスのエレクトロニックユニットDaisy Mortemが、新作『Fausse Nouvelle』をリリースした。

Daisy Mortemはエクスペリメンタルでありながらポップな音楽性でフランスのアンダーグラウンドを中心に注目を集めるユニット。過去にはIC3PEAKとGFOTYのツアーに同行したほか、昨年はCATNAPP主宰のレーベルNAPP RECORDSから1stアルバム『Faits Divers』をリリースしている。

今回発表された2ndアルバム『Fausse Nouvelle』は新レーベルDAAGANDA RECORDSからリリースされ、ブラジルのハイパーポップのプロデューサーデュオCyber KillsやIDMプロデューサーPakun Jaranらをゲストに迎えているほか、Maay、Mr.Kitty、s1m0nc3ll0によるリミックスも収録するなど、音楽的にも幅が広がった一作となっている。

シンセポップからハイパーポップ、レゲトンまで様々なジャンルを横断し、オルタナティブな世界観を追求する彼らの動向に今後も注目だ。

Info

DAISY MORTEM Fausse Nouvelle

Monday 31 May 2021

Tracklist

1_ Gamelle feat Cyberkills
2_ L’empoisonneur de chats feat Pakun Jaran 3_ Fausse nouvelle
4_ Étoiles feat Metaroom
5_ SPAM (Waifu Version)
6_ Prohibition 2050 (Brigitte Fontaine cover) 7_ Manges tes morts (Maay remix)
8_ La nuit sexuelle (Mr.Kitty remix)
9_ Faits divers (s1m0nc3ll0 remix)

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。