三重を拠点に活動するビートメイカーのJunaswonがUKのシンガーソングライターMXEとのコラボ曲"Patience"をリリース

三重を拠点に活動するビートメイカーのJunaswonが、UKのシンガーソングライターのMXE(メイ)とのコラボ曲"Patience"を6/11(金)にリリースする。

Junaswonは13歳頃からギタリストとして音楽を始め、Frank OceanやPrince、Nirvana、Sly & the Family Stoneなどに影響を受けている。2018年頃から空気感のあるR&Bベースの現在のスタイルの楽曲を発表し始めた。

昨年のJunaswonのデビュー曲"If You Want Me"にも参加したMXEは、7歳の頃から音楽を作り始め、Beyonceに影響を受け聖歌隊に加入するとともに劇団に参加していたというルーツを持っている。自らの人生の経験や日々の考えを現代的なR&Bのスタイルで表現しているアーティストだ。

MXE

"Patience"はゴスペルなどからも影響を受けた、柔らかい雰囲気の中でMXEの存在感のあるボーカルと、Junaswonによるトラックが良く馴染んだ1曲となっている。

リリースは世界的に注目されるインディーアーティストのためのプラットフォームAWALからとなる。

Info

https://snd.click/pk0o

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。