Sweet Williamが5年ぶりのニューアルバム『Beat Theme』をリリース決定

ビートメイカーのSweet Williamが前作『Arte Frasco』から、実に5年ぶりとなるニューアルバム『Beat Theme』を6/16(水)にリリースする。

新作は、そのタイトルが指し示すとおり、ビートミュージックをテーマに制作された全14曲のインストアルバム。Sweet Williamが愛聴する多種多様な音楽から紡がれたインスピレーションが、45分間のビート作品として昇華された内容。

濃厚な2年の制作期間を経て完成した今作は、アーティスト本人の名刺と呼べる仕上がりになっている。情報解禁と共に、表題曲"Beat Theme"のティーザー映像がSNSで公開された。

ジャケット写真は、気鋭のイラストレーター・大津萌乃による書き下ろしイラストを、デザインチーム TAKAIYAMA inc. がコラージュし、デザイン。写真家・後藤武浩による新たなアーティスト写真も公開となっている。

5/19(水)からディスクユニオンでCD予約受付スタート。本作はレコードとカセットテープでもリリース予定で、詳細は後日発表される。

Info

Sweet William – Beat Theme

<収録曲>

01 Beat Theme

02 Eat Two

03 Majestic Move

04 Please Think Twice

05 Millennium

06 Fly Love

07 Twilight Loud

08 Memories of Little keys

09 Sphere

10 Nova Fragments

11 Sara

12 Pure Cold

13 Type Dance

14 Gloria

発売日:2021/6/16 (水)

形態:CD / Streaming / Download

販売価格:¥2,200 (税込)

レーベル:Arte Sonata

品番:ARTS-0004

備考:レコード / カセットテープ 発売予定

CD予約(ディスクユニオン)

https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008312787

related

Sweet Williamが新作『Beat Theme』のループアニメーションが公開

Sweet Williamが5年ぶりのニューアルバム『Beat Theme』をリリースした。

後藤正文が設立した『APPLE VINEGAR -Music Award-』の候補作が発表 | Daichi Yamamoto、Sweet William、Dos Monos、Black Boboi、AAAMYYYなどが候補に

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が設立した『APPLE VINEGAR -Music Award-』の、第3回目の候補作が発表となった。

Sweet Williamと青葉市子がコラボレーション第二弾シングル“あまねき”をリリース

ビートメーカーSweet Williamと、シンガーソングライター青葉市子によるプロジェクト「Sweet William と 青葉市子」から、待望の第二弾シングル“あまねき”がリリースされた。本日より、各音楽サービスでの配信がスタート。合わせて、ミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。