様々な領域で活動してきた歌代ニーナがデビューシングル"ARIA"をリリース

音楽を始め、映像、ファッション、デザインなどの領域で活動をしてきた歌代ニーナが、デビュー曲"ARIA"を本日5/14(金)にリリースした。

歌代はドイツ、日本、アメリカ3か国のルーツを持ち、様々な媒体でエディターとして勤務し、その後スタイリストなどとしても活動してきた。2018年にはクリエイティヴ集団PETRICORを創立し、ラッパー名義Thirteen13としても活動をしていた。

そして名義を本名の歌代ニーナに変更し1stシングルをリリースした。"ARIA"はクラシックミュージックの新しい視点での解釈を出発点にした斬新な1曲。共に楽曲をプロデュースしたのは、ロンドン在住、ヨーロッパのファッションフィールドでの音楽制作のスペシャリストとして知られ、Drakeのアルバム『More Life』にもミュージシャンとして参加したAkira Woodgrain。

ミックスにはShygirl等を手掛けるJames Rand、マスタリングにはThom Yorke、Aphex Twin、James Blake等多数の名作を世に送り出してきたMatt Coltonを起用した。

ミュージックビデオはPERIMETRONと制作。本日18時からUKのミュージック&カルチャー誌「Crack Magazine」でプレミア公開される。ミュージックビデオの一般公開は5/15(土)午前0:00となっている。

Info

【「ARIA」音源配信情報】

Apple Music、Spotify、Amazon Music、LINE MUSIC、AWA、iTunesをはじめ

各サブスクリプション、ダウンロードサービスにて配信中

配信リンク→ https://orcd.co/ninautashiro_aria

「ARIA」Crack Magazineプレミア公開 URL】 

https://crackmagazine.net/

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。