Kojoeが3年ぶりのニューアルバム『HALF TIME』を5月にリリース | ISSUGI、BUPPON、MFSなどが参加

楽曲以外にもユニークな活動で注目されているKojoeが、約3年ぶりとなる最新アルバム『HALF TIME』を5/19(水)にリリースすると発表した。

アルバムから先行シングルのメロウチューンな"Sometimes feat. Koh"が本日リリース。大阪のTha JointzからKohが参加している。

自身が代表を務め若手アーティストのサポートやBUPPON、MuKuRo、ZIN等のリリースも行っているレーベル=J.Studioの大阪支社/スタジオJ.Studio Osakaを開設しているKojoe。『HALF TIME』はJ.Studio Osakaに集った未来のシーンを担う大阪の若き才能達との共演を中心にKojoe流のヒップホップを体現した作品になっているという。

Info

■タイトル:Sometimes (feat. Koh)

アーティスト:Kojoe

発売日:2021年4月21日 (水)

仕様:デジタル

レーベル: Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd

■ 配信リンク :  https://Kojoe.lnk.to/Sometimes

【Album Info】

■タイトル:HALF TIME

アーティスト:Kojoe

発売日:2021年5月19日 (水)

仕様:デジタル / CD

レーベル: Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd

価格: 2,500円+税 (CD)

■CD予約発売リンク :   https://manhattanrecords.jp/HALF+TIME/product/0/4560230529369/

[Tracklist]

1. Batman (prod by Money Jah / scratch by illnandes)

2. aiyaiyaiyai feat. MFS (prod by Money Jah)

3. awared feat. emkay (prod by T・N・$)

4. House of $icksteen feat. kidpenseur, JASS & YAMANE (prod by CHIN THA ASIA)

5. love (prod by Kojoe)

6. This is it (prod by BudaMunk)

7. Window feat. BUPPON (prod by CHIN THA ASIA)

8. Sometimes feat. Koh (prod by gerardparman)

9. Heaven feat. ISSUGI (prod by CaLAmel P.Budz Butter)

related

BESとISSUGIによるジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』が2枚組の完全限定プレスでアナログリリース

SCARS、SWANKY SWIPEとしての活動でも知られ、 I-DeAとのコラボによるミックス『BES ILL LOUNGE Part 3 - Mixed by I-DeA』のリリースも話題のBESと、『GEMZ』や『GEMZ INSTRUMENTAL』の各アナログ盤や2枚組CD『BEATS FOR GEMZ』などリリースが続くISSUGI。この両者のコラボで昨年7月にリリースされたジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』が、2枚組の完全限定プレスでアナログリリースされる。

Kojoeがキャデラックの車内をスタジオに改造 | 旅をしながら各地のアーティストと楽曲を発表するプロジェクトをスタート

アーティストととしてはもちろんスタジオ運営など多岐にわたる活動で知られるKojoeが、新たにユニークなプロジェクトをスタートさせた。

注目ラッパーMFSの1st EP『FREAKY』から"SAVAGE MODE"のミュージックビデオ

FNMNLの2021年の注目アーティストにも選出されたラッパーのMFSが、本日リリースした1st EP『FREAKY』から、"SAVAGE MODE"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。