Kojoeが3年ぶりのニューアルバム『HALF TIME』を5月にリリース | ISSUGI、BUPPON、MFSなどが参加

楽曲以外にもユニークな活動で注目されているKojoeが、約3年ぶりとなる最新アルバム『HALF TIME』を5/19(水)にリリースすると発表した。

アルバムから先行シングルのメロウチューンな"Sometimes feat. Koh"が本日リリース。大阪のTha JointzからKohが参加している。

自身が代表を務め若手アーティストのサポートやBUPPON、MuKuRo、ZIN等のリリースも行っているレーベル=J.Studioの大阪支社/スタジオJ.Studio Osakaを開設しているKojoe。『HALF TIME』はJ.Studio Osakaに集った未来のシーンを担う大阪の若き才能達との共演を中心にKojoe流のヒップホップを体現した作品になっているという。

Info

■タイトル:Sometimes (feat. Koh)

アーティスト:Kojoe

発売日:2021年4月21日 (水)

仕様:デジタル

レーベル: Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd

■ 配信リンク :  https://Kojoe.lnk.to/Sometimes

【Album Info】

■タイトル:HALF TIME

アーティスト:Kojoe

発売日:2021年5月19日 (水)

仕様:デジタル / CD

レーベル: Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd

価格: 2,500円+税 (CD)

■CD予約発売リンク :   https://manhattanrecords.jp/HALF+TIME/product/0/4560230529369/

[Tracklist]

1. Batman (prod by Money Jah / scratch by illnandes)

2. aiyaiyaiyai feat. MFS (prod by Money Jah)

3. awared feat. emkay (prod by T・N・$)

4. House of $icksteen feat. kidpenseur, JASS & YAMANE (prod by CHIN THA ASIA)

5. love (prod by Kojoe)

6. This is it (prod by BudaMunk)

7. Window feat. BUPPON (prod by CHIN THA ASIA)

8. Sometimes feat. Koh (prod by gerardparman)

9. Heaven feat. ISSUGI (prod by CaLAmel P.Budz Butter)

related

KojoeとNARISKによる新曲"GOLD"がリリース | ウィルチェアーラグビー日本代表の応援ソング

KojoeとビートメイカーのNARISKによるコラボ曲"GOLD"が、本日7/23(金)にリリースされた。

ISSUGIとDJ SHOEによるミックスアルバム『Both Banks』からGWOP SULLIVANがプロデュースしたタイトル曲が先行リリース

ISSUGIが福岡を拠点に活動し、これまでのISSUGI作品にも参加しているDJ SHOEと共に作り上げたミックスアルバム『Both Banks』から、GWOP SULLIVANがプロデュースするタイトル曲が先行シングルとして本日7/16(金)に先行リリースされミュージックビデオも公開となった。

ISSUGIがDJ SHOEとコラボしたミックスアルバム『Both Banks』をリリース決定

ISSUGIが福岡を拠点に活動し、これまでのISSUGI作品にも参加しているDJ SHOEとタッグを組んだミックスアルバム『Both Banks』をリリースすることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。