注目のプロデューサーJap Kasaiが新作『OWN °C』をCHINABOTよりリリース

日本の伝統音楽とジューク、フットワークを融合させた独自のスタイルで注目を集める京都出身のプロデューサーJap Kasaiが、アジアの音楽にフォーカスするコレクティブ、レーベルCHINABOTより新作『OWN ℃』をリリースする。

日本の音頭や民謡をジュークに取り入れたJap Kasaiのスタイルは、シカゴ発のジュークがソウルミュージックをサンプリングして作られていることからインスピレーションを受け、民謡を自身が生まれた日本のソウルミュージックとして解釈したことで生まれた。

今作でも、民謡のリズミカルなボーカルとジュークのリズムパターンが独自のグルーヴを形作っている様を楽しむことが出来る。

アルバムタイトルの『OWN ℃』はJap Kasai自身の祖母の名前に由来し、また「音頭」、「自らの体温」とも解釈し得るなど、複合的な意味が与えられている。

ダンサブルでありながら重層的で、なおかつ「温かみ」や「物質性」に深くフォーカスした『OWN ℃』。これまでに無い新たな感覚を体験出来る作品に仕上がっている。

Info

Artist: Jap Kasai 

Album: OWN °C 

Format: Digital / Tape 

Cat.No: CHI028 

Master: Daisuke Iijima

Artwork: Saphy Vong

Photos: Jap Kasai

Release Date: 10th May 2021

Order: https://chinabot.bandcamp.com/album/own

Trackslist:

1. チョイサのサ Choisa No Sa

2. 酔鴨 Yoi Kamo

3. おったまげ Ottamage

4. それから Sorekara

5. やらずぶったくり Yarazu Buttakuri

6. アレェー areee

7. なんだァコリャヨー nandaa korya yoo

8. よいしゃるびィー yoisharu biii

9. 佐古音頭 Sako Ondo

10. 千鳥足 Chidori Ashi

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。