君島大空が新曲"光暈 (halo)"のミュージックビデオを公開

君島大空が昨年11月にリリースした2nd EP『縫層』から、約4ヶ月ぶりとなる新曲"光暈 (halo)"を本日3/26(金)にリリースした。

"光暈 (halo)"は昨年12月に行われたライブ『層に伝送』でも披露されており、この度改めてギターでの弾き語りバージョンが正式に発表された。

19時に公開されたミュージックビデオの監督には、長年君島とタッグを組んでいくつもの作品を発表している映像作家の松永つぐみが起用されている。

この歌は、海に行ったときにすうっとメロディーが出てきました。きっとずっと体から出たがっていたのだと思います。色々な人の顔を思い浮かべながら歌詞を書きました。去年、約10年ぶりに再会した絵描きの友人にジャケットをお願いしました。この曲が着くべきところに着けばよいなとそれだけの偶然を願います。(君島大空)

Info

iTunes Store: https://itunes.apple.com/jp/album/1557846006?l=ja&ls=1&app=itunes

Apple music: https://music.apple.com/jp/album/1557846006


spotify: http://open.spotify.com/album/3z27lV5Z9fVYPryTV1K1XL

related

君島大空が3rdEP『袖の汀』をリリース|収録曲“向こう髪”のMVを公開

君島大空が3rd EP『袖の汀』(そでのみぎわ)を本日リリース。収録曲“向こう髪”のミュージックビデオが公開となった。

君島大空が3rd EP『袖の汀』リリース記念ライブ『汀の袖』を京都で開催

先日、3rd EP『袖の汀』のリリースを発表した君島大空が、同作のリリース記念ライブ『汀の袖』を、京都の紫明会館にて4月30日(金)に開催する。

君島大空が3rd EP『袖の汀』を4月にリリース

君島大空が、昨年の2nd EP『縫層』から約半年ぶりとなる3rd EP『袖の汀』を4月21日(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。