プロデューサーチームADD CREATIVEの1stアルバムがリリース | ¥ellow Bucks、OZworld、NORIKIYO、Kojoeなどが参加

様々なコラボレーションを行ってきたプロデューサーチームのADD CREATIVEが、1st ALBUM『COMPILATION VOL.1』を本日3/24(水)にリリースした。

NARISK

OGA

COTA ONO

福岡のビートメイカー・NARISKを中心に、映像作家・COTA ONOとショップ・ディレクター兼DJのOGAが参加するADD CREATIVE。2020年のOZworldをフィーチャーした"Hungry alien"を皮切りに活動を本格的に開始した。

1stアルバムには、これまでにリリースされた楽曲に加え、MCバトルでも注目を集めるT-STONEや福岡を中心に活動するヒップホップクルーYelladigos等を迎えた新曲を含む計11曲を収録している。

また、Manhattan Records / TOWER RECORDS店舗限定CDを購入するとアルバムインストCD + オリジナルステッカー + ポスターの特典がつく。

Info

アーティスト:ADD CREATIVE (アド・クリエイティブ)

タイトル:COMPILATION VOL.1 (コンピレーション・ボリューム・ワン)

発売日:2021年3月24日 (水)

価格:¥2,310(税込)

品番:LEXCD21002

ジャンル:J-HIPHOP

仕様:CD / デジタル

レーベル:ADD CREATIVE / Manhattan Recordings

CD販売リンク:

https://manhattanrecords.jp/COMPILATION+VOL%EF%BC%8E1/product/0/4560230529284/

配信リンク : 

https://linkco.re/3FA1ZyC3

■Manhattan Records / TOWER RECORDS店舗限定特典 特典プレゼント

“内容 : アルバムインストCD + オリジナルステッカー + ポスター”

・限定特典 お取り扱い店舗

渋谷: Manhattan Records 渋谷 / TOWER RECORDS 渋谷店

福岡: TOWER RECORDS 福岡パルコ店 / TOWER RECORDS 久留米店 / TOWER RECORDS アミュプラザ博多店

■Tracklist: 

01.OZworld「Hungry alien」

02.¥ellow Bucks「Light」

03.Kojoe「Bye Girl」

04.MEEYAN「Better fly」

05.NORIKIYO & RAKABEE「SEESAW GAME」

06.ジャパニーズマゲニーズ「NINJA SMOKE」(Scratch by DJ SYUNSUKE) 

07.仙人掌 & 智大「REMOTE ACCESS」

08.T-STONE「All we need is LOVE」

09.Yelladigos「Love or hate」 

10.Tommy Nemus & Lowch & AKLA「Grow up」

11.まむしMC's「NEW DAYS」 

related

¥ellow Bucksがキャリア初のワンマンライブAichi Sky Expoで11月に開催

2ndアルバム『Ride 4 Life』をリリースしたばかりの¥ellow Bucksが、キャリア初のワンマンライブ『The Show '22』を11/6(日)にAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催する。

¥ellow Bucksのアルバム『Ride 4 Life』のデラックス版がリリース | Awich、Masta Simonなどが参加

キャリア2枚目となるアルバム『Ride 4 Life』を発表したばかりの¥ellow Bucksが、新たに5曲を追加した『Ride 4 Life (Deluxe)』を本日7/22(金)にリリースした。

¥ellow Bucksが2ndアルバム『RIDE 4 LIFE』をリリース

¥ellow Bucksが2ndアルバム『RIDE 4 LIFE』を昨日7/7(木)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。