スチャダラパーとnever young beachによる2マンライブの模様が4月より配信|コラボ曲も初披露

3月21日(日) にTSUTAYA O-EASTにて開催されたスチャダラパーとnever young beachによる2マンライブの模様が、LINE LIVE内のライブ配信サブスクリプションサービス『サブスクLIVE』にて4月11日(日)20:00より配信される。

キャリア30周年を迎えたスチャダラパーと、2014年の結成から高い音楽性と共に活躍を続けるnever young beach。

両アーティストのライブはもちろんのこと、アンコールではクラシック“今夜はブギー・バック”のカバーに加え、この2組によるコラボ曲がなんと2曲も初披露。『サブスクLIVE』ではライブの模様だけではなく、特典映像入りの豪華版で配信となる。

スチャダラパー × never young beachによる新曲たちへの期待も高めつつ、ともに「接しやすい」という共通点をもつ2組によるライブパフォーマンスを堪能して欲しい。

Info

『サブスクLIVE presents スチャダラパー × never young beach』
特典映像が入った豪華版で配信

配信URL:https://live.line.me/channels/5049172/upcoming/16335543

■配信日時
2020 年 4 月 11 日(日) 20:00〜

■視聴方法
LINE LIVE 内の月額プレミアムチャンネル「サブスク LIVE」(月額¥580)にてご視聴いた
だけます。

■入会方法
https://www.subsclive.jp/join
※スマートフォン・タブレットで視聴可能です
※「LINE LIVE」アプリをインストールしてください

---サブスク LIVE---
https://www.subsclive.jp
月額 580 円(税込)でライブハウスの映像が見放題!
サブスク LIVE は収益の一部を「Save the Live Project」に賛同する加盟ライブハウスに分配することで、ライブハウスの存続を支援しています。

主催:サブスクLIVE
企画・制作:Melody fair / BAYON PRODUCTION

2020年12月に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたライブ『スチャダラパーのココロのベスト10 2020』、サブスクLIVEにて絶賛配信中!

『スチャダラパーのココロのベスト10 2020』
出演:スチャダラパー
司会:バッファロー吾郎A、しまおまほ
監督:タケイグッドマン
https://live.line.me/channels/5049172/upcoming/16061671

related

スチャダラパーとnever young beachが「スチャとネバヤン」としてコラボ曲“ネバやんとスチャやん”、“スチャやんとネバやん”をリリース

キャリア30 周年を迎えたラップグループスチャダラパーと、2014年の結成から高い音楽性と共に活躍を続けるバンド never young beach。3月21日(日) にTSUTAYA O-EAST にて開催された2マンライブにて披露されたコラボレーション曲が5月26日(水)にリリースされることが決定した。

野外フェス『FFKT 2021』にKID FRESINO、Tohji、スチャダラパー、Buffalo Daughter、DJ NOBU、Powderなどが出演決定

『TAICOCLUB』の創設メンバーによって主催されている野外フェス『FFKT 2021』が、長野・こだまの森で5/29(土)~5/30(日)に開催される。

LIVEWIREによる名ライブを再配信する『LIVE HOLIDAY』が開催 | Awich、BIM、カネコアヤノ、KID FRESINO、中村佳穂、PUNPEE、スチャダラパー、STUTSなどを放送

スペースシャワーによるオンラインライブハウスLIVEWIREで、これまで行われた名ライブを一挙に放送する『LIVE HOLIDAY』が3/27(土と3/28(日)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。