TYOSiNが中心となり結成されたバンドHelp Me Plyzがセルフタイトルの1stアルバムをリリース

ラッパー、シンガーのTYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが、セルフタイトルの1stアルバムを明日3/17(水)にリリースする。

TYOSiNがこれまでに発表してきた楽曲のバンドアレンジなどを含めた全11曲を収録し、各分野で音へのこだわりを持ったメンバーが制作した渾身のアルバム。

バンドメンバーには、fulusu、XANYのギターでコンポーザーであるJoseph Gen、XANYのドラマーでありARKHAMのメンバーとしても活動するShaun Pxlly、fulusuの佐藤旬介、またDJとしてビートメイカーのATSUKIが参加。

バンドの門出を飾るリード曲“New Balance”は作詞TYOSiN、作曲Joseph Genの協作となる。

その他の楽曲は作詞と作曲をTYOSiN、編曲をギターのJoseph Genが担当。また、アーティスト写真、ジャケット写真は写真家の山谷佑介が手掛け、デザインはpooteeが担当している。

Info

<リリース情報>

Artist: Help Me Plyz

Title: Help Me Plyz

3月17日 配信リリース

配信リンク: https://linkco.re/rUPnY5SS (3月17日0:00 配信開始)

01.New Balance

02.Lights

03.Shinjuku

04.Who is hurt?

05.Hype

06.Love of Hell

07.Lotus

08.Kikuichimonji

09.U

10.Interlude

11.Secret, 2020

related

VMO主催のイベント『世紀末 東京編』がWALL&WALLにて開催|TYOSiN率いるHelp Me Plyz等が出演

ポストレイヴシーンの旗手Gabber EleganzaのレーベルNEVER SLEEPからのリリースで世界中から注目を集める大阪のユニットVMOが主催する人気パーティー『世紀末』が、『世紀末 東京編』と銘打たれ7/22(木・祝)にWALL&WALLにて開催される。

TYOSiNが現在制作中の新作EPから「EMO × HYPERPOP」な先行シングル“See Saw”をリリース

ラッパー、シンガーとして活躍し、ロックバンドHelp Me Plyzのボーカル「罪」としても活動するTYOSiNが、現在制作中の新たなEPから先行シングル”See Saw”を本日リリースした。

【インタビュー】TYOSiN(Help Me Plyz)|第二のストーリーを表現する

国内のトラップ/エモラップの愛好者であれば知らぬ者はいないであろうラッパー・TYOSiN。KiD NATHAN時代から築きあげてきた強固なファンベースに吹いた新たな風は、彼をボーカルに据えたバンドの結成によってもたらされた。 ギターにfulusu/XANYのギタリスト兼コンポーザーのJoseph Genを、ドラムに同じくXANYで活動するShaun Pxllyを、ベースにfulusuの佐藤旬介を、そしてDJにはビートメイカーとしても知られるATSUKIを迎えて走り出したバンドHelp Me Plyzが去る3月に待望の1stアルバムをリリース。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。