どんぐりずがEP4部作の第一弾となる『4EP1』を2月にリリース | テーマは「ダンス」

ウィットに富むグル―ヴィーなサウンドで話題を集めているユニットどんぐりずが、2021年から2022年にかけて「4EP」シリーズとしてジャンルの異なる4作のEP発表をすべく制作を開始。2/3(水)に第一弾となる『4EP1』をリリースする。

第一弾となる今作は、ダンスを主軸としたエレクトロニックなサウンドにフォーカス。ヒップホップ、ハウスなどを中心にJ-POPのリスナーまでを射程に捉えるハイブリッドなサウンドを作り上げたという。

シリーズの第二弾以降は「ファンク、アフロビート、ダブ」、「ヒップホップ」、「ポップ、R&B、ソウル」をテーマにした作品を発表予定だ。

また、本日1/27(水)20時から放送される、どんぐりずがレギュラーをつとめるラジオ番組・FM桐生『どんぐりbomb』にて、『4EP1』に収録される新曲"E-jan"が初オンエアされる。

Info

EP『4EP1』

2021年2月3日(水)配信リリース

<収録曲>

01. Take a chance!

02. E-jan

03. ジレンマ

04. power slide

05. NO WAY

06. ワナワナワナ

※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信予定(音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music)

■どんぐりず・レギュラーラジオ番組

「どんぐりbomb」FM桐生(77.7MHz)

第2・4水曜20:00~20:59(再放送は土曜11:00~)

FM桐生 視聴ページ(ブラウザ・無料アプリ):https://fmplapla.com/fmkiryu/

※アーカイブ放送はありません。

related

Kineticsのリニューアルオープンを記念したフリーイベントが開催 | FNCY、どんぐりず、Soundʻs Deli、MONJU、$MOKE OG、C.O.S.A.、D.R.C.が出演

2003年に原宿プロペラ通りのショップを拠点にファッション、スポーツ、ストリートカルチャーをミックスして伝えてきたショップKIneticsが、10月に渋谷でリニューアルオープンする。

どんぐりずがBE AT STUDIO HARAJUKUの古着セレクト企画『illmatic sence』の10月分を担当

ラフォーレ原宿6FのコミュニティスペースBE AT STUDIO HARAJUKUにて開催される古着企画『illmatic sence』の第二弾として、どんぐりずがセレクターを担当することが発表された。

【インタビュー】どんぐりず 『4EP2』| 素直にノリで作れた

群馬・桐生を拠点に活動する森とチョモによる2人組ユニットどんぐりず。幼馴染で音源、アートワーク、映像まで全てをセルフプロデュースで行っている2人は、今年から来年にかけてジャンルの異なる4作のEPをリリースする『4EP』シリーズを始動。昨日2作目となる『4EP2』が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。