シンガーソングライターのuamiが2019年にリリースした31曲入りのアルバムから"バルコニーで寝タバコをしたい"をシングルリリース

iPhoneを駆使した創作スタイルで知られるシンガーソングライターのuamiが、2019年にリリースした31曲入りのアルバム『Composition baby exercise book(long)』から、"バルコニーで寝タバコをしたい"が本日1/20(水)にシングルカットでリリースされた。

アルバムの収録曲はひとつひとつ色の違いがあり、このシングルカットを きっかけに過去の大量リリースに戻って聴いていただけたらというuami本人の想いから、リリースが決定した。

●乱暴な言葉と発声を基調とした、ちょっと古いバンドのような、そこそこ親しみやすさのあるサウ ンドだなと思います。

●時期に関して、2021年の頭にリリースするのにこだわる理由は特にないです。この曲を気に入っ ているので、シングルとして自分のリリース欄に登場させてみたいと思いついたのですが、思い立ってからあまり間を空けない時期にリリースを設定したいとは思っていました。また、以前出した30何曲のアルバムの収録曲はひとつひとつ色の違いがけっこうありますから、このシングルカットを聞 いて、一昨年の大量リリースに戻って聞いていただけたらなとも思います。(uami)

Info

バルコニーで寝タバコをしたい
https://linkco.re/7Z1EH9N1

related

iPhoneを駆使したユニークな創作スタイルを持つシンガーソングライターuamiがシングルとEPを含む3作品を同時リリース

iPhoneを駆使したユニークなスタイルで楽曲を制作するシンガーソングライター、トラックメーカーのuamiが、本日ビクターエンタテインメント内に新設された次世代を担うアーティストを発信するレーベルCONNECTUNEから配信シングル“愛想まいた”、“sand storm”の2曲を同時リリース。さらに同日、提携レーベルSOPHORI FIELD COMPANYからEP『キンカジュー』も配信リリースし、全3作品が同日リリースとなった。

時代を予言する音楽イベント『HARVEST Vol.26』が来週開催 | 舐達麻やuami、Bank.Somsaart、Lil Hyvaaなどが出演

これまでMC漢やNORIKIYO、鎮座DOPENESS、stillichimiya、SCARSなどが出演し、日本のラップの名場面を生んできたイベント『HARVEST』が今年再始動を果たす。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。