BEST BUY 2020 Selected by TENDRE

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、活躍したアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は今年9月に2ndアルバム『LIFE LESS LONELY』をリリースしたほか、数多くのプロデュースや楽曲提供でも活躍を見せたTENDREが登場。

BEST BUY 2020 Selected by TENDRE

KONIG+NEURATH (ケーニッヒ・ノイラート) スカイチェア

コメント

夏にちょうど引越すタイミングでいろいろと新調しようと思いまして。
新調とは言えど中古で見つけたものではあるんですけど (笑)
どうやらドイツのメーカーの椅子らしく、全体の絶妙なデザインとバランス感に惹かれて買いました。
作業するにも細かい調整が効くのはありがたいけれど、
リクライニングだけ何故か若干調子が悪いというアンバランスさと云うのか、
今年買った中では一番妙に愛着湧いてしまってるもののひとつです (笑)

2020年印象的だったこと

通常のライブを除いて話すと、インスタライブですかね。
前回住んでいた部屋がかなり近隣を気にしないとならない環境の中で、
こっそりインスタライブで歌ったりすることで意外と気づけたことが多かった気がします。
こういう風にも歌えるのか自分、とか、
見てくれてる人がこういうことを楽しんでくれるのか、とか。
直接触れ合えない状況の中で最初に見つけたツールとしては、
なんだかんだ続けたいなあと印象的に思ったものですね。

告知

TENDRE「LIFE LESS LONELY」
2020.09.23 Release|DDCR-7113
https://ssm.lnk.to/lifelesslonely

TENDRE

河原太朗のソロ・プロジェクト。2017年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP「Red Focus」をリリース。2018年10月には、tofubeatsによるリミックスも話題となった配信限定シングル「RIDE」を含む1stアルバム「NOT IN ALMIGHTY」をリリース。2019年はARABAKI ROCK FEST、VIVA LA ROCK、GREENROOM FESTIVAL、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWER、COUNTDOWN JAPANなど国内の主要フェスにも軒並み出演を果たした他、同年6月に開催された東名阪のワンマン・ツアーは追加公演を含む全公演がソールドアウト。続く新作「IN SIGHT – EP」のリリース・ツアーも同じく追加公演を含む全公演がソールドアウトを記録。
Charaや堀込泰行、三浦透子といったアーティストへの楽曲提供・プロデュース、SIRUPや日本でも人気を集めるオランダのSSW|BENNY SINGSとのコラボレーションなどを行う他、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」では別所哲也氏の代打としてナビゲーターを務めるなど、その活動は多岐に渡る。

related

TENDREがメジャーデビュー | シングル"PIECE"をリリース

TENDREが、明日4/7(水)にEMI Records / UNIVERSAL MUSICからリリースするニューシングル"PIECE"でメジャーデビューする。

『DOVETAIL S/N 003』にiri、SIRUP、Tempalay、TENDRE、向井太一、MELRAWなどが出演

音楽性や活動の方向性が一致するアーティスト達が集結するイベント『DOVETAIL』の第三弾が4/9(金)と4/10(土)にSTUDIOCOASTで開催される。

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。