MASS-HOLEの2ndラップアルバム『ze belle』が来年1月にリリース | ISSUGIやCOVAN、Shoko & The Akillaなどが参加

長野・松本を代表するラッパーでプロデューサー、DJのMASS-HOLEが来年1/20(水)に2ndラップアルバム『ze belle』をリリースする。

2015年に発売した1st アルバム『PAReDE』以来6年ぶりとなる新作。今年は1982sでのシングルや、仙人掌の『BOY MEETS WORLD』のブートリミックスアルバムのリリースや、MONJU、B.D.、BLAHRMY、BES、MULBE、MEGA-G、MIKRIS、KANDYTOWN、RC SLUMなどにビートを提供してきた。

8月から制作された本作はISSUGIやCOVAN、同郷のMIYA DA STRAIGHT、富山のEftra、今年1stアルバムをリリースしたShoko & The Akillaなどが参加している。ビートメイカーには海外からSTU BANGASやBOZACK MORRIS、DJ SCRATCH NICE、DJ GQ、Sound's DeliのMET as MTHA2などの強者がビートを提供した。

1枚目が「挨拶」とするなら2枚目は「生き方」を提示した作品になるだろう。

Info

ARTIST : mass-hole

TITLE : 「ze belle」(ジィ べェル)

1 ze belle pro. TATWOINE

2 rumber jack feat MIYA DA STRAIGHT pro. STU BANGAS scratch. DJ SEROW

3 gro"win" up in the town feat Eftrapro. MASS-HOLE

4 vandanapro. DJ SCRATCH NICE

5 moneypro. KUT

6 no party feat COVANpro. MONBEE

7 82dogs feat ISSUGIpro. BOZACK MORRIS scratch. DJ SHOE

8 ice summer pro. MASS-HOLE

9 G.O.A.T. pro. Cedar Law$ scratch. DJ YMG

10 boast and attitudepro. DJ GQ

11 tour life pro. MET as MTHA2 scratch. DJ SEROW

12 home feat SHOKO&THE AKILLA pro. TATWOINE

mix&master by ZKA(GRUNTERZ/BULL CAMP)

artwork by DAICHIphoto by TEPPEI HORI

support by J.COLUMBUS
発売日 : 2021年1月20日

価格 : ¥2800 + 税

LABEL : WDsounds  

品番 : WDSD0046

related

ISSUGIのアルバム『GEMZ』とリミックスアルバム『16GEMZ』のインストをコンパイルした2枚組CDが限定リリース

MONJU、SICK TEAMのメンバーであり、近年はBES & ISSUGIとしても2作のアルバムをドロップする等、自然体かつ揺るぎないセンスと自身が放つ共振力で常に音楽をアップデートし続けるISSUG。2019年リリースのアルバム『GEMZ』、また同作をISSUGI自身のビートメーカー、DJ名義である16FLIPとしてリミックスした作品『16GEMZ』のインストゥルメンタルをコンパイルした2枚組のCD作品『BEATS FOR GEMZ』が、完全限定プレスでリリースされる。

5lackのニューアルバム『Title』の詳細が発表 | PUNPEE、kZm、ISSUGI、BudaMunkなどが参加

5lackが4/7(水)にリリースするニューアルバム『Title』の詳細が発表となった。

NEW ERAとJAZZY SPORTのムービープロジェクト にISSUGIやBudaMunk、 Fitz Ambro$eなどが参加

ヘッドウェア&アパレルのグローバルブランドNew Era®から、ベースボールキャップのワールドスタンダードである「MLB On-Field 59FIFTY®」をフィーチャーしたムービープロジェクト『STYLE by NEW ERA』が公開。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。