JNKMNがDJ JAMがプロデュースしたバンギンな新曲"TAMAROU"のミュージックビデオを公開

最近はゆるふわギャングとのコラボなども行っているJNKMNが、新曲"TAMAROU"をリリースし、ミュージックビデオを公開した。

YENTOWNのDJ JAMがプロデュースしたこの楽曲は無機質でバンギンなビートで、JNKMNが仲間とのたまり場での思い出などについて歌うキャッチーな楽曲となっている。MVにはYENTOWNのkZmやTAEYOなどもカメオ出演している。

Info

JNKMN & DJ JAM - TAMAROU

https://linkco.re/z2hQbnxr

related

謎のコレクティブJODYのアルバムから"555 feat. NENE, JNKMN & Ryugo Ishida"のミュージックビデオが公開

茨城・土浦生まれのアメリカンピットブルテリアのJODYを中心とした謎のコレクティブのアルバムから、"555 feat. NENE, JNKMN & Ryugo Ishida"のミュージックビデオが公開となった。

A-THUGがJNKMNを客演、tofubeatsをプロデューサーに招いたUKガラージな新曲"HIGHWAY"をリリース

SCARSのメンバーでもある川崎のラッパーA-THUGが、JNKMNを客演、 tofubeatsをプロデューサーに招いた新曲"HIGHWAY"を本日4/2(金)にリリースした。

ゆるふわギャング、JNKMNらを中心とするコレクティブJODYがコンピレーションアルバムをリリース

「茨城県土浦市生まれのアメリカンピットブルテリア。お肉やお魚等の動物性タンパク質が大好物。敏感肌でなにかしらのアレルギーがあり時折かゆくなってしまうが3歳にしてMOTHERFUCKER。を、中心とするカルチャー研究集団」を名乗る謎のコレクティブJODYが、コンピレーションアルバム『JODY』を4月6日にドロップする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。