kiki vivi lilyがWONKの荒田洸がプロデュースを務めるミニアルバム『Good Luck Charm』をリリース

シンガーソングライターのkiki vivi lily(キキヴィヴィリリー)がミニアルバム『Good Luck Charm』を、12/11(金)にリリースする。

前作『vivid』から1年半ぶりとなるアルバムは、WONKの荒田洸がサウンドプロデュースを務め、Sweet WilliamやKan Sanoなど、シーンを代表するプロデューサー/アーティスト陣が参加、さらにnobodyknows+の名曲"ココロオドル"をカバーし、nobodyknows+も参加したバージョンなど全6曲を収録している。

kiki vivi lilyは12月22日(火)に渋谷WWWにて『one man show “LILY HALL“ vol.1』(2020年4月12日(日)公演の振替)を開催する。

Info

kiki vivi lily
2020/12/11 Release
Digital Mini Album
「Good Luck Charm」

1.Radio(Intro)
2.ひめごと
3.ココロオドル with nobodyknows+
4.The Libertines
5.Touring(Prod. by Kan Sano)
6.See you in Montauk

related

【対談】kiki vivi lily × 荒田洸(WONK)|ジュワジュワ感を求めて

甘く魅惑的な歌声、そしてポップなメロディーセンスを武器に異彩を放つシンガーソングライターkiki vivi lilyがミニアルバム『Good Luck Charm』を完成させた。古きよき日本のポップスやヒップホップなど多彩なルーツを下地に生み出される彼女の楽曲はオンタイムな時代性と郷愁を感じさせる不思議な魅力を纏っている。

kiki vivi lilyがバンドセットでの"80denier"のライブムービーを公開

kiki vivi lilyが自身のYouTubeチャンネルで"80denier"のスタジオライブ映像を公開した。

kiki vivi lilyが来週開催するワンマンライブの配信が決定 | スタジオライブ映像も公開

kiki vivi lilyが来週WWW Xで開催するワンマンライブ『kiki vivi lily one man show “LILY HALL“ vol.1』の模様を生配信することが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。