折坂悠太が映画『泣く子はいねぇが』の主題歌"春"を来週リリース

高い音楽性で宇多田ヒカルや三浦大知なども称賛を送る折坂悠太が、最新シングル"春"を11/18(水)にリリースする。

『監察医 朝顔』の主題歌にも抜擢され、コロナ禍においてもこれまでの活動を総括したライブ盤「暁のわたし REC2013-2019」を発売、自主制作時代の作品をアナログレコード化など、精力的に動いてきた折坂。

"トーチ"以来、半年ぶりの新曲"春"は映画『泣く子はいねぇが』の主題歌。主演の仲野太賀の強い推薦がきっかけとなりオファーを受け、折坂同様、平成元年生まれの監督・佐藤快磨とのやりとりを経て完成された。「確かじゃないけど 春かもしれない」と繰り返される民謡調の歌に合わさり、移り変わっていく景色のように展開していく伴奏。自粛期間の最中で制作された本楽曲には、そうした変化への想いが込められている。

『泣く子はいねぇが』の監督・佐藤快磨と主演・仲野太賀によるコメントも到着した。

<監督・佐藤快磨コメント>

確かじゃないけど春かもしれない。エンドロールに『春』が流れたとき、登場人物たちのそれからを思わず想像していました。不甲斐ないですが、『春』で映画『泣く子はいねぇが』は完成したのだと、そのとき初めて分かりました。折坂さんには心から感謝しています。折坂さんにお願いできて本当によかった。これからも迷うばかりの人生が続いていくと思いますが、立ち止まるたびにそっと春を思い出します。


<主演・仲野太賀コメント>

折坂悠太さんの歌声がエンドロールで流れた時、鳥肌が立ちました。
僕自身が折坂さんの歌に勇気づけられたように、僕が演じた頼りない男の人生もまた、この歌によって前に進む事ができるんだと思いました。浮き沈みのある人生の四季に、不確かではあるけど愛と矛盾に満ち溢れたラストシーンの先に、いつか春は訪れる。素晴らしい楽曲を提供してくださって、本当に感謝しかありません。折坂悠太さんの「春」、是非聴いてみてください。

Info

アーティスト:折坂悠太
タイトル:春
リリース:2020年11月18日
各種配信サービスにてリリース
https://Orisaka-Yuta.lnk.to/SpringComesPR

【映画情報】

泣く子はいねぇが
11月20日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー

出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛一郎 山中崇 / 余貴美子 柳葉敏郎
監督・脚本・編集:佐藤快磨
主題歌:折坂悠太「春」(Less + Project.)
企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸
プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人
企画協力:分福
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ
製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会
©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

リンク
「泣く子はいねぇが」公式サイト
https://nakukohainega.com/

related

折坂悠太が映画『泣く子はいねぇが』の主題歌"春"のミュージックビデオを公開

新進気鋭の映画監督・佐藤快磨(さとう・たくま)の劇場デビュー作で、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』の折坂悠太が歌う主題歌"春"のミュージックビデオが公開された。

折坂悠太が活動初期の2作品『あけぼの』、『たむけ』をアナログでリリース

折坂悠太が活動初期にリリースした自主制作作品となるミニアルバム『あけぼの』、アルバム『たむけ』がそれぞれアナログレコードで11月3日(火・祝)にリリースする。 これまでのライブ活動を始めた2013年から2019年までの7年間の軌跡を総括したライブ音源作品『暁のわたし REC2013-2019...

折坂悠太がこれまでのライブ活動を総括したライブ音源作品をリリース | 収益は全てライブハウスや個人イベンターへの支援に

折坂悠太が、ライブ活動を始めた2013年から2019年までの7年間の軌跡を総括したライブ音源作品『暁のわたし REC2013-2019』をリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。