TYOSiNが最新EP『blue blue』をリリース

東京を拠点に活動するアーティストのTYOSiN(トキオシン)が新作EP『blue blue』を、9/11(金)にリリースする。

7曲を収録する今回のEPだが、楽曲プロデューサーにはLil Peepの盟友でもあったCharlie ShufflerがTYOSiNにラブコールを送り"Secret,2020"に参加。またリード曲となる"misery"にはフロリダのラッパーdemxntiaがフィーチャーされている。

またYouTubeチャンネルデーモンastariからのMVリリース以降にライブでも根強い人気を誇る楽曲"HYPE"も収録されることになった。

Info

アーティスト:TYOSiN

タイトル:blue blue

リリース日:2020年9月11日(金)

販売リンク:https://linkco.re/YxzH7Pum

プラットフォーム:Apple Music/Spotifyを含む各種ストリーミングサービス

トラックリスト

M1        misery (with demxntia)

M2        Secret,2020

M3        Lights

M4        Lotus

M5        STARS

M6        bird cage

M7        HYPE

related

TYOSiNが現在制作中の新作EPから「EMO × HYPERPOP」な先行シングル“See Saw”をリリース

ラッパー、シンガーとして活躍し、ロックバンドHelp Me Plyzのボーカル「罪」としても活動するTYOSiNが、現在制作中の新たなEPから先行シングル”See Saw”を本日リリースした。

【インタビュー】TYOSiN(Help Me Plyz)|第二のストーリーを表現する

国内のトラップ/エモラップの愛好者であれば知らぬ者はいないであろうラッパー・TYOSiN。KiD NATHAN時代から築きあげてきた強固なファンベースに吹いた新たな風は、彼をボーカルに据えたバンドの結成によってもたらされた。 ギターにfulusu/XANYのギタリスト兼コンポーザーのJoseph Genを、ドラムに同じくXANYで活動するShaun Pxllyを、ベースにfulusuの佐藤旬介を、そしてDJにはビートメイカーとしても知られるATSUKIを迎えて走り出したバンドHelp Me Plyzが去る3月に待望の1stアルバムをリリース。

TYOSiNが中心となり結成されたバンドHelp Me Plyzがセルフタイトルの1stアルバムをリリース

ラッパー、シンガーのTYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが、セルフタイトルの1stアルバムを3月17日にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。