LEXが存在感を見せつけるニューアルバム『LiFE』をリリース | 『牯嶺街(クーリンチェ )少年殺人事件』の1シーンに着想を得た"Romeo & Juliet"のミュージックビデオをプレミア公開

LEXが3作目となるアルバム『LiFE』を、本日8/26(水)にリリースした。

今作ではJP THE WAVY、OZworld、MIYACHI、C.O.S.A.、ACE COOL、Leon Fanourakis、SANTAWORLDVIEWなど、様々な世代と地域から個性豊かな15組のアーティストたちと共作。バラエティ豊富なトラック集めやアルバム構成など、ラッパー/シンガーとしてだけではなくプロデューサーとしての顔も覗かせた。そしてその楽曲群に対して、ラップやボーカルなどのアプローチで迫っていくLEXの存在感は際立つものがある。

カバーアートは、スイスの気鋭デジタルイラストレーターのDexter Maurerと、オンラインでアイディアやフィードバックを重ねて、質感や細部にまで拘って制作した。サウンド面では前作『!!!』に引き続き、KMがボーカルのミックスやマスタリングを手掛けた。

また本日20時より収録曲”Romeo & Juliet”のミュージックビデオをプレミア公開。”Sexy!”に続く2本目のビデオとなる本作には、LEVI’S®TYPE 1 JEANSコレクションを身に纏ったLEXがバンドと共に登場。これまでLEXの”GUESS WHAT?”や”95 Project”などのミュージックビデオやluteでのドキュメンタリーを手掛けた堀田英仁が監督している。

台湾の映画監督エドワード・ヤンの名作『牯嶺街(クーリンチェ )少年殺人事件』のワンシーンから着想を得たこのミュージックビデオは、思春期に感じたアジア人としてのアメリカ文化への興味や憧れをテーマにした作品で、『ロミオとジュリエット』という普遍的なラブストーリーに各々が自分自身の物語に重ね合わせて聴いてほしいという監督の願いが込められている。

Info

Artist: LEX

Title: LiFE

Label: Mary Joy Recordings

8月26日 配信リリース

https://lexzx.lnk.to/LiFE

Track List:

1. Sexy!

2. HAPPY (feat. Young Dalu) 

3. BUNNY (feat. ASA Wu)

4. ERiCA (feat. HEZRON & SANTAWORLDVIEW) 

5. FOREVER (feat. HEZRON & Only U)

6. Romeo & Juliet

7. F*CK (feat. C.O.S.A. & ACE COOL)

8. WORLD PEACE (feat. OZworld & JP THE WAVY)

9. Welcome 2 The Party (feat. Shark kid)

10. Respect Me (feat. Fuji Taito & HEZRON)

11. EMPTY (feat. MIYACHI)

12. I HOPE I NEVER KNOW

13. NiPPON (feat. Leon Fanourakis & SANTAWORLDVIEW)

14. PradaBitch (feat. Young Coco)

15. what ya doing? (feat. SOG) 

16. PAST LiFE

17. あなたの幸せが1番

RELATED

LEXが新曲"今日くらいはいい子でいようよ"をリリース

LEXが新曲"今日くらいはいい子でいようよ"をリリースした。

LEXとLANAがコラボ曲"明るい部屋"をリリース | プロデュースはSTUTS on the WAVE

湘南出身の天才兄妹LEXとLANAが、コラボレーション楽曲”明るい部屋”を明後日4/10(水)にリリースする。

5lackがニューアルバム『report』をリリース | "5xL Feat. LEX"のMVが公開

5lackが最新アルバム『report』を本日リリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。