BudaMunkとジャズピアニストTSuggsのコラボ作から"Time Zone"のミュージックビデオが公開

BudamunkとジャズピアニストTSuggsとのコラボアルバム『Thank and Gro』から、"Time Zone"のミュージックビデオが公開となっている。

"Time Zone"はビートメイカーとピアニストという枠を超えて結びついた両者のディープなコラボレーションの魅力に触れることができる楽曲だ

Count Basie Orchestraにも参加する実力派ピアニストでもあるTSuggsとのコラボ作にはIman Omariや、MCのT.I.V.E.、DJ Yuzeに加えAmeen Saleem、吉田サトシ、日野Jino賢二、Patriq Moodyなどジャズのミュージシャンらも参加。

LPはUSの名門ヒップホップレーベルFATBEATS、CDはDogearRecordsからのリリースとなる本作から、8/4に第一弾シングル"Convinced"がデジタルで発表されている。

Info

TITLE
BUDAMUNK & TSUGGS  / Thank and Gro

TRACK LIST

01 Mergers and Acquisitions ft. Satoshi Yoshida & DJ YUZE
02 Convinced ft. Ameen Saleem
03 Conveyor Belt Rolla
04 Center Mental
05 Eat Fresh ft. T.I.V.E.
06 Time Zone
07 Good Vibes ft. Iman Omari
08 Evolving
09 Thank and Gro (interlude)
10 Half on a Baby ft. Jino
11 Kozmic Question ft. Patriq Moody
12 Amber Deck

bonus
13 Eat Fresh (instrumental)
14 Good Vibes (instrumental)

Produced by Budamunk & Tony Suggs

“Mergers and Acquisitions” guitar: Satoshi Yoshida, scratches: DJ YUZE
“Convinced” bass: Ameen Saleem
“Eat Fresh” vocals: T.I.V.E.
“Good Vibes” vocals: Iman Omari
“Half on a Baby” bass: Kenji "Jino" Hino
“Kozmic Question” trumpet:  Patriq Moody

Mastered by Akihito Yoshikawa

Artwork by DAWNDEYS
P4 collage by  Toru Kosemura   (DAMNGOOD PRODUCTION) Tomohito Morita  (DAMNGOOD PRODUCTION)

related

中目黒solfaが14周年アニバーサリーパーティーを4日間にわたり開催 | 仙人掌、ONENESS、Budamunkなどが出演

中目黒のクラブsolfaが14周年を祝うアニバーサリーパーティーを9/16(金)から9/19(月)の4日間にわたり開催する。

BudaMunkとJansport Jによるジョイントプロジェクト『BudaSport』のアナログ盤リリースを記念したPOP UPイベントが開催

BudaMunkとJansport Jによるジョイントプロジェクト『BudaSport』のアナログ盤が完全限定プレスで、本日8/3(水)にリリースされた。

【インタビュー】BudaMunk × Jansport J 『BudaSport』| 究極のビートヘッズの邂逅

DJ/ビートメイカーのBudaMunkとLAを拠点にソウルフルなビートを軸に自らのプロダクションスタイルを確立しているプロデューサーのJansport Jがジョイントプロジェクト『BudaSport』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。