BESがニューアルバム 『LIVE IN TOKYO』を9月にリリース|STICKYやISSUGI、BLAHRMYなどが参加

スキルフルなラップとリリシズム、独自のフローで厚い信頼を集め、先日ISSUGIとのジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』も話題となった、BESによるニューアルバム『LIVE IN TOKYO』が、9月9日(水)にリリースされる。

前作のEP『CONVECTION』から2年ぶりのリリースであり、盟友STICKYやISSUGI、GRADIS NICE、Lil'Yukichi、Kojoe、MASS-HOLE、BLAHRMYなどが参加。

そして収録曲"Surviving Fraction feat. STICKY"のMVがリリースに先駆け公開された。

GRADIS NICEによる、シンプルながらもヒリついた中毒性の高いビートの上でBES、STICKYが「生存率」をテーマにマイクを回す強力な1曲となっている。MVはグラフィックデザイナー/ビデオディレクターのMESSが担当。

Info

配信リンク https://ultravybe.lnk.to/survivingfraction

BES - 『LIVE IN TOKYO』

RELEASE DATE : 2020年09月09日(水)

CAT NO. : VBCD-0099

FORMAT : CD(歌詞カード付属)/DIGITAL PRICE : 2,500円+TAX(CD)

BARCODE : 4526180466260

収録曲

01. 理由 [Track by GRADIS NICE]

02. Surviving Fraction feat. STICKY [Track by GRADIS NICE]

03. Mr.Etiopian [Track by GRADIS NICE]

04. Skit -pees-

05. Rhyme Bombz [Track by Lil'Yukichi]

06. まず一言 [Track by Kojoe]

07. Skit -crap-

08. B.K.S [Track by MASS-HOLE]

09. Test [Track by Rhythm Jones]

10. Lockdown Story feat. BLAHRMY [Track by NAGMATIC]

11. 道端の淡い夢に幸あれ feat. ISSUGI [Track by GRADIS NICE]

12. Live in Tokyo [Track by CRAM]

13. Life is One Time [Track by GRADIS NICE]

related

ISSUGIとDJ SHOEがミックスアルバム『Both Banks』から新録曲のNo DJヴァージョンをコンパイルしたEPをリリース|ニューコンテンツ『SKILLS』でのパフォーマンス映像も公開

ISSUGIとDJ SHOEとのジョイントでリリースされた最新のミックスアルバム『Both Banks』。同作に収録されているGWOP SULLIVANやCRAM、EL moncherie(弗猫建物)のプロデュースによるISSUGIとしての新曲やMONJU名義の新曲、さらにはPUNPEE名義で2017年に発表された"Pride" feat. ISSUGI(Prod by Nottz)の16FLIP Remixといった新録5曲のNo DJヴァージョン(DJミックスされていないヴァージョン)をコンパイルしたデジタルEP『Both Banks EP』が本日リリースされた。

SWANKY SWIPEの“Bunks Marmalade”と"愚痴か?否か?"、BESの"The Process"と"How How High"の7インチが2タイトル同時リリース

BESが率いた伝説的グループSWANKY SWIPEの2006年にリリースされた名盤『Bunks Marmalade』から、今でもBESがライブで披露している名曲"Bunks Marmalade"が完全限定プレスの7インチでリリースされる。B面にはBESのラップスキルの高さを世に知らしめたBACH LOGICプロデュースの名曲"愚痴か?否か?"がカップリングで収録。

故STICKYの未発表曲“ハイになる”が来週リリース

川崎のラップグループSCARSで活躍し、今年一月に惜しくもこの世を去ったSTICKY。彼の未発表曲“ハイになる”が、誕生日である8月15日より配信リリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。