GREEN ASSASSIN DOLLARとrkemishiによるowlsが2ndアルバム『 24K Purple Mist』をリリースへ | STICKYやDOGMA、T2K a.k.a. Mr. Tee、Gottzが参加

舐達麻を始めとする多くのアーティストの楽曲プロデュースで知られるAPHRODITE GANGのDJ/ビートメイカーのGREEN ASSASSIN DOLLARと、東京のストリートシーンで暗躍するラッパーのrkemishiによるユニットowlsが、2ndアルバム『24K Purple Mist』を7/10(金)にリリースすると発表した。

owlsは1stアルバム『Blue Dream』を昨年11月にリリース後はメディアへの露出とともに多数の映像作品を投下し、2月に渋谷VISIONで開催した同作のリリースパーティは超満員となる700人超の集客を記録した。短いスパンでのリリースとなる2ndアルバムには、STICKY(SCARS)にDOGMA、T2K a.k.a. Mr. Tee(練マザファッカー)、Gottz(KANDYTOWN)とそうそうたる面々が参加。

GREEN ASSASSIN DOLLARによる生々しくもハイなビートに加え、旧知な間柄であるAru-2との共作も含め、リアルトークを綴るrkemishiのリリカルなラップをベースにした、前作以上にハードかつドープな作品となっている。一度見たら忘れられぬジャケットのアートワークを手掛けるのは「えすう」だ。

本日より先行シングル"killah"の先行配信がスタートし、Carhartt WIPがサポートした注目の映像クリエイター、Spikey Johnの制作による同曲のミュージックビデオも同時に公開となっている。

Info

アーティスト: owls (オウルズ)
タイトル:  24K Purple Mist (24K・パープル・ミスト)
レーベル: P-VINE, Inc.
品番: PCD-24962
発売日: デジタル - 2020年7月10日(金)/ CD - 2020年7月22日(水)
税抜販売価格(CD): 2.400円

1. owl side theory
2. killah
3. greedy feat. Gottz
4. back yard
5. 4:20 feat. DOGMA
6. mood at shibuya
7. b2h
8. smoke sleep (co-prod. Aru-2)
9. blessin
10. fonk you
11. 4:20 remix feat. T2K a.k.a. Mr.Tee & STICKY
* all tracks Produced by GREEN ASSASSIN DOLLAR

related

BESがニューアルバム 『LIVE IN TOKYO』を9月にリリース|STICKYやISSUGI、BLAHRMYなどが参加

スキルフルなラップとリリシズム、独自のフローで厚い信頼を集め、先日ISSUGIとのジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』でも注目を集めたラッパー、BESによるニューアルバム『LIVE IN TOKYO』が、9月9日(水)にリリースされる。

【インタビュー】Gottz & MUD 『VERTEX』| 「やらない」はあるけど「できない」と諦めることはない

KANDYTOWNの中でも特にハイペースに活動しているGottzとMUDが、Gottz & MUD名義でアルバム『VERTEX』をリリースした。

18scott x SUNNOVAによるコラボアルバム『PAISLEY』から"G.O.D. feat. ACE COOL, Taeyoung Boy, Gottz"のミュージックビデオ

18scott x SUNNOVAが本日リリースしたコラボアルバム『PAISLEY』から、"G.O.D. feat. ACE COOL, Taeyoung Boy, Gottz"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。