Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.156|Noname、Beyoncé、H.E.R.など全35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

今週はJ. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”に対するアンサーでもあるNonameの新曲“Song 33”、Black Lives Matterムーブメントを受けてのBeyoncéのプロテストソング“BLACK PARADE”などを収録。

他にもH.E.R.やAnderson. Paak、Swae Lee、KEIJUやBESなど幅広いアーティストによる注目の35曲をコンパイルした。

related

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.162|Future & Lil Uzi Vert、Dominic Fike、KEIJUなど全35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

SpotifyのCEOが「アーティストは3〜4年に一度レコーディングするだけでは生活していけない」と持論を述べ批判を浴びる

今や世界最大のシェアを誇る音楽ストリーミングサービスSpotify。ユーザーが様々な音楽にアクセスすることを可能にし、音楽産業全体のありかたを変えた功績がある一方で、アーティスト側に還元される収益が減少したとの批判もこれまで浴び続けてきた。そんなSpotifyのCEOがインタビューで語った内容が物議を醸している。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.161|J. Cole、in-d、DaBabyなど全35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。