CVNが複雑な怒りをテーマにしたEP『Egg』をリリース | valknee、没 a.k.a NGS、stei、Doveがボーカルで参加

プロデューサーでAVYSS magazineの編集長であるNobuyuki SakumaによるソロプロジェクトCVNが、新作EP『Egg』を6/12(金)にリリースする。

CVNは昨年にNTsKi、Le Makeupらが参加したアルバム『I.C.』、玉名ラーメンをボーカルに迎えたシングル"舌下"、Koeosaemeとのスプリットアルバムなどをリリース。今作は初の全曲ボーカル入りの作品となっていて、ラッパーのvalknee、Dos Monosのメンバーである没 a.k.a NGS、DJ/プロデューサーのstei、Le Makeupと共にレーベルPure Voyageを主宰するシンガーDoveがボーカルとしてフィーチャーされている。

「複雑な怒り」をテーマに静かな怒り、優しさが共存する怒り、複雑な感情が迷路のように入り組んだ怒りなどが表現されたリリックと共に、トラックも「強さ」を強調したものから、複雑な心情を展開とアレンジに表したようなものなど様々だがラストの"Ruggedness"で一つのカタルシスを迎える。アートワークは、最近ではTYOSiNの作品も手がけているpooteeが担当している。

なお、Bandcampでの収益はBlack Lives Matterへの支援として全額寄付される。

Info

アーティスト:CVN
タイトル:Egg
リリース:6月12日
配信リンク:https://linkco.re/dCube2r6
Bandcamp:https://cvnmusic.bandcamp.com/album/egg

トラックリスト
01 返報 (feat. valknee)
02 Cave (feat. 没 a.k.a NGS)
03 Seabed (feat. stei)
04 Ruggedness (feat. Dove)

related

【日本と韓国 : 隣国で暮らしてみて Vol.3 】| Valknee

2000年代後半からのK-Popブームや韓国映画などをきっかけに、文化的な距離は大きく縮まった日本と韓国。K-Popも、もはやブームではなく1つのカルチャーとして完全に根付き、若年層は国内よりも気軽に韓国を旅行することも多くなり、それはまた逆もしかりで、コロナショックの前までは両国の文化的な交流は、とても盛んだった。

『AVYSS GAZE」の第三回目がCVNやlil beamz、okadadaなどが出演して開催

存続の危機にさらされている音楽メディア・プラットフォームAVYSSへのドネーション企画としてスタートした独自のバーチャル配信プログラム『AVYSS GAZE」の第三回目が、7/5(日)に開催される。

CVNのEP『Egg』からsteiをボーカルに迎えた"Seabed"のミュージックビデオが公開

Nobuyuki SakumaのソロプロジェクトCVNによる複雑な怒りをテーマにした新作EP『Egg』が本日リリースされた。ラッパーのvalknee、Dos Monosのメンバーである没 a.k.a NGS、Le Makeupと共にレーベルPure Voyageを主宰するシンガーDoveがフィーチャ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。