Kvi Babaの新作EPから"No Clouds"のミュージックビデオが公開

Kvi Babaの新作EPから"No Clouds"のMVが公開された。

当楽曲は、一聴するとラブソングに聞こえる一曲だが、聞き手にとっては様々な捉え方が出来るKvi Babaらしい一曲となっている。MVを手掛けるのは今回が初めてのタッグとなる堀田英仁。楽曲の世界観を16ミリフィルムのみで映像化した。

また、同EPに収録されている楽曲"Fight Song"がテレビ東京系『流派-R since2001』の6月度エンディングテーマに決定。明後日6月5日(金)の放送から起用される予定だ。

 

Info

配信リンク
https://sme.lnk.to/kvb_hbtm

1.Fight Song
2.No Clouds
3.By Your Side
4.Talk to Myself
5.Fight Song (Remix) feat. VIGORMAN & NORIKIYO
6.Decide feat. RYKEY
(全6曲収録)

All Song Produced by BACHLOGIC
All Song Mixed by Hayabusa
Additional Guitar:UK a.k.a. AMP Killer
Art Work by JUN INAGAWA
Art Design by HIROCK

related

Kvi Babaが来週EP『Toge ni Bara』をリリース | SALUも参加

Kvi Babaが今年4月から行っている4ヶ月連続リリース企画のラスト、第4弾となるEP『Toge ni Bara』を7/30(金)にリリースする。

Kvi Babaが4ヶ月連続リリースの第2弾で"ヤワじゃない"を発表

Kvi Babaが4ヶ月連続リリースの第2弾として、"ヤワじゃない"を明日5/28(金)にリリースする。

Kvi Babaが4ヶ月連続リリースをスタート | 第一弾は"Tear Wave"

SALUやZORNの楽曲への参加などでも知られる大阪出身のラッパーKvi Babaが、4ヶ月連続リリースを行うと発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。