THA BLUE HERBが最新作『2020』を7月にリリース

先日初の有料ライブ配信『CAN YOU SEE THE FUTURE?』を開催すると発表したばかりのTHA BLUE HERBが、昨年のアルバム『THA BLUE HERB』以来となる最新作『2020』を7月にリリースすると発表した。

5曲を収録している最新作は、タイトル通りまさに混迷を極める2020年を歌ったものとなっている。THA BLUE HERBからのメッセージはこちら。

待ったなしな現在時刻、予想もしなかった災厄に見舞われている真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか?相次ぐライブの延期や中止、推奨されるソーシャル・ディスタンス、元々あった分断はさらに深まり、心近しい人とでさえ握手もハグもままならない日々。人と人の間を繋ぐものとしてSNS上では即効性のある音楽が大きな安心感や繋がりの実感を与えてくれています(それを否定する気は全くありません)が、我々はやはり、決定的な作品として、形あるものとして、今年、「2020」年、そのものをタイトルに掲げ、再びCDを発売します。

一挙手一投足に賛成反対入り乱れていたとしても、とても重要な時を生きている実感は誰にでもあるはずです。今は2020年ですが、流れ去ったタイムラインの果て、いつかの未来、もしも生き残れたならば、この年を振り返る時は誰しも必ず来る。2020年に何が起きて、何を想っていたのか、何を恐れ、何を望んでいたのか、歌われているのはあくまで主観ではありますが、このタイミングでしか鳴らせない曲を創りました。

そして、同時に先の見えない混沌とした状況そのものが、つい最近まで当たり前のように享受していたものが持つ、かけがえのない価値に気付かせてくれもしました。我々にとってのそれとは、果てしなく続けてきたライブの現場で見てきた景色そのものです。地元札幌から遠く離れた街、そこに住む人達がひしめき合い、時に体をぶつけ合いながら、ステージ上の我々と向かい合い、想いを言葉や怒号、声で表し合う。それが普通だった日々。我々にとっては今まで何度も歌ってきたトピックではありますが、この離れ離れの日々が、表現に新たな着眼点と未知の余韻を与えてくれました。

この非日常が、やがて日常になってしまうのか、誰にも判らないこの日常を、そして遠ざかってしまったかつての日常を、曲にしました。

皆様、家族、仲間共々、どうかご無事で。

Info

Artist : THA BLUE HERB (ザ・ブルーハーブ)
Title : 2020 (ニセンニジュウ)
Label : THA BLUE HERB RECORDINGS
Release Date : 2020年7月02日(木)
Format: CD Only (歌詞カード付属)
Cat No. : TBHR-CD-034
Price : 1,600円+TAX
JAN : 4526180515715

収録曲
1. IF
2. STRONGER THAN PRIDE
3. PRISONER
4. 2020
5. バラッドを俺等に

related

野外フェス『ボタとサーカス』にスチャダラパー、田我流、VaVa、Daichi Yamamoto、環ROY、THA BLUE HERBなどが出演

2018年から開催されているフェス『ボタとサーカス』が、今年は5/22(土)と5/23(日)にスチールの森 京都で開催されることになった。

YOU THE ROCK★が11年ぶりのフルアルバムをTHA BLUE HERB全面プロデュースでリリース

YOU THE ROCK★が11年ぶりのフルアルバム『WILL NEVER DIE』を5/12(水)にリリースする。

THA BLUE HERBの最新アルバム『THA BLUE HERB』など全4作品がストリーミングやダウンロードサービスで解禁

12/29(火)に年末恒例のワンマンライブを開催するTHA BLUE HERBが、昨年7月に発表した2枚組の最新アルバム『THA BLUE HERB』をはじめとした4作品をダウンロードサイトやストリーミングサービスで解禁した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。