KGE THE SHADOWMENの11年ぶりとなる2ndアルバム『ミラーニューロン』から鎮座DOPENESSを迎えた"TRANCE 注意報"のリリックビデオが公開

約11年ぶりのリリースとなる2ndアルバム『ミラーニューロン』を7月にリリースするKGE THE SHADOWMENが、同作から鎮座DOPENESS を客演に迎えた"TRANCE 注意報"のリリックビデオを公開した。

grooveman Spotが手掛けたトラックの上で、2人の実力者が自由にまさにトランス注意なフロウを放っている。アルバム『ミラーニューロン』にはgrooveman Spotの他にも16FLIP、OMSB、HASSY THE WANTED、YARI、SUI、WATT a.k.a. ヨッテルブッテル、6th Generation、DJ Mitsu The Beatsがビートを提供し、GAGLEのHUNGER、LUNCH TIME SPEAXのGOCCI、シンガーサイドからはSONOMI、CHIYORI、Kelpie、菅原信介が客演で参加している。ミックスはIllishit Tsuboi、マスタリングはREM Sound NYCのRick Essigが担当した。

Info

ARTIST : KGE THE SHADOWMEN (カゲザシャドメン)
TITLE : ミラーニューロン
LABEL : PYLORHYTHM
発売日 : 2020年7月02日(木)
フォーマット : CD/DIGITAL
品番 : KGE002
税抜価格(CD) : \2,500
バーコード : 4526180515746

収録曲
01. 俺のHIPHOP [Pro. by 16FLIP]
02. TRANCE 注意報 feat. 鎮座DOPENESS [Pro. by grooveman Spot]
03. 葉隠 feat. HUNGER, GOCCI [Pro. by OMSB]
04. No Money No Problem [Pro. by HASSY THE WANTED]
05. カオスの中のガラパゴス feat. SONOMI [Pro. by HASSY THE WANTED]
06. 岩尾 [Pro. by YARI]
07. Good Time [Pro. by SUI]
08. こんな俺だけど feat. CHIYORI [Pro. by SUI]
09. ジャム&マーガリン [Pro. by WATT a.k.a. ヨッテルブッテル]
10. 勝手にEASIN' IN feat. Kelpie, 菅原信介 [Pro. by KGE THE SHADOWMEN]
11. ガリクソン [Pro. by 6th Generation]
12. 毎日Walkin' [Pro. by DJ Mitsu The Beats]

related

『夏の魔物』に鎮座DOPENESS、ゆるふわギャング、Jin Dogg、Gottz & MUD、Moment Joonなどの出演が決定

8/30(日)にエスフォルタアリーナ八王子で開催される『夏の魔物2020 in TOKYO』の出演者の追加発表があった。

KGE THE SHADOWMENが11年ぶりとなるニューアルバムを7月にリリース|鎮座DOPENESSやHUNGERなどが参加し16FLIPやgrooveman Spot、OMSBなどがトラックを提供

2009年に発表した1stアルバム『NEWGIGANTE』から11年、以降は盟友HIMUKIとの3枚のアルバムをはじめ、MUROやGAGLE作品への名客演で存在感を示してきたKGE THE SHADOWMEN(カゲザシャドメン)によるセカンドアルバム『ミラーニューロン』を7/2(木)にリリースする。

TAMTAMのニューアルバム『We Are the Sun!』から先行配信の"Worksong! Feat. 鎮座DOPENESS"のミュージックビデオが公開

TAMTAMのニューアルバム『We Are the Sun!』より、鎮座DOPENESSとのコラボ楽曲"Worksong! Feat. 鎮座DOPENESS"が本日5/8(金)に配信開始となりミュージックビデオも公開となった。 ミュージックビデオはディレクターに折坂悠太や寺尾紗穂の作品も手掛け...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。