SEKITOVAが新作EP『Omi』をリリース | ToreiとblackglassGによるリミックスも収録

SEKITOVAが新作EP『Omi』を本日リリースした。

今回は自身のDJとしての側面にフォーカスをあてた、フロアユースな楽曲シリーズを展開する『Dance Giggling Dance』の第一弾となる。当シリーズではハウシーで享楽的なラインとなる一方、同じくフロア志向からシリアスなフィールを纏った、テクノライクな楽曲シリーズも今後別にスタートさせる予定だ。当EPについてSEKITOVAは下記のように語っている。

楽曲について
有象無象問わずそこに存在する全てと溶け合うような、なにもかもから開放された祝祭的な場での光景が人生のなかできらきらと輝いています。ダンスフロアでの経験はもとより、幼少期からのそういったハイライトには常にえも言われぬ情動がありながらすこし可笑しく、魔法にかけられたとしか思えない瞬間でした。この曲がまだ作りかけだった頃、ある小規模な野外フェスティバルで試しにプレイしてみたら、漠然としたそのイメージと目の前の光景がぴったりと一致しました。自分の日常とダンスフロアが一本の線になって、そしてそのまま青空に抜けていった感覚が忘れられません。

現在では新型コロナウィルスの流行により、人々のフィジカルな融和はまた違った意味で羨望される空間になってしまいましたが、この楽曲が込めた呪文がみなさんのオンライン上の壁を取り払うものになれば嬉しいです。

ミックスについて
今回のremixはこの楽曲が持つイメージをそれぞれの解釈で押し広げてくれそうな2人にお願いしました。どちらも同世代でありながら素晴らしいスキルとヴィジョンの持ち主です。

Torei Remixはアイコニックなサイケデリックさやミステリアスな雰囲気をまといつつも、Mixやプレイリストの中でここから沢山のストーリーへ分岐していける可能性を持っています。blackglassG Remixは言わずもがなウォーミーでハッピー、そしてダンスの歓びにあふれた一曲で、万全の状態でこの曲がプレイされる時、確実に記憶に焼きつく特別な日になるでしょう。

 

Info

SEKITOVA - 『Omi』
2020年5月22日(金)配信開始

『Dance Giggling Dance vo.1』

収録曲
01 : Omi (Original Mix)
02 : Omi (Torei Remix)
03 : Omi (blackglassG Remix)

Smart LINK
https://ultravybe.lnk.to/dancegiggling

iTunes
https://music.apple.com/jp/album/1510680762

Spotify
https://open.spotify.com/album/7EDlhYpmKXKRS963SJU2G1

Bandcamp
https://sekitova.bandcamp.com/album/omi-dance-giggling-dance-vol-1

 

related

tofubeats率いるクラブミュージックレーベルHIHATTが初のリミックス集をリリース

tofubeatsが主宰するレーベルHIHATTから、初のリミックスアルバム『HIHATT REMIXES」が2/14(金)にリリースされる。

CYKが原宿のbonoboで5月まで『CYK & Friends』と題したパーティを毎月開催 | PELVISやSEKITOVA、Toreiなどが出演

東京を拠点に活動するハウス・ミュージック・コレクティブCYKが、2月から5月まで原宿のDJバーbonoboで『CYK & Friends』と題したパーティを毎月開催する。

LIQUIDROOMのカウントダウンにTAKKYU ISHINO、Seiho、yahyel、SEKITOVAなどの出演が決定

東京・恵比寿LIQUIDROOMのカウントダウンはここ数年で新たにバンドやDJカルチャー、さまざまなジャンルのスクランブル交差点と化したが、今年もグルっとさまざまなサウンドが楽しめるパーティで2018年から2019年へとバトンをつなぐことになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。