uedが北海道在住のビートメーカーWorld of echoとのコラボEP『WOEUED』をリリース

トラップからノイズ、ニューウェーヴと幅広い音楽をルーツに持つ新鋭uedが、北海道在住のビートメイカーWorld of echoとのコラボEP『WOEUED』を5/22(金)に配信リリースする。

当初パンクバンドのベーシストとして音楽活動をスタートし、その後ソロでの活動で『im』、『GROTESQUE NEW POP』と2枚のEPをリリースしてきたued。World of echoはそんな彼の古くからの友人であり、インダストリアルやアンビエントのような電子音楽をメインとする音楽制作の他、絵画を高円寺の「LOS APSON?」で展示販売するなど様々な活動を行う。共にアンダーグラウンドなカルチャーをルーツに持つ二人による楽曲は、現行のトラップをベースとしながらも既存の枠から外れたオルタナティブな表現となっている。

Info

ued & World of echo 1st EP

“WOEUED”

2020/05/22 on Streaming

https://linkco.re/VXHQpNyG

1. 2020
2. 8oredom
3. 9rettyvacan7
4. 1nmyhom3
All Prod by World of echo
All Lyrics and Artwork by ued

related

uedが2ndビートテープ『Cat Juice, Vol.2』をリリース

トラップからニューウェーブ、ノイズやエクスペリメンタルまで幅広いルーツを持つ音楽性で注目を集めるラッパー、ビートメイカーのued。先月に自身初のビートテープをリリースした彼が、続く2ndビートテープ『Cat Juice, Vol.2』をリリースした。

uedが初のビートテープ『Cat Juice』をリリース

トラップからノイズ、ニューウェーヴと幅広い音楽をルーツに持ち、1stアルバム『2020 Jazz Funk Greats』や2ndアルバム『2nd Annual Report』も話題を呼んだuedが初のビートテープ『Cat Juice』をBandcampにてリリースした。

uedが2ndアルバム『2nd Annual Report』を来週リリース

トラップからノイズ、ニューウェーヴと幅広い音楽をルーツに持ち、1stアルバム『2020 Jazz Funk Greats』やシングル“no fun”、“kenji miyazawa”、“bug”も注目を集めたuedが2ndアルバム『2nd Annual Report』を2月22日にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。