KOHHのアルバム『Untitled』からHAVIT ART STUDIOが企画した"ひとつ"のミュージックビデオ | 田中泯が出演

引退前最後と思われるコンプリートボックス仕様の6枚目のアルバム『worst –Complete Box-』の発売を4/29(水)に控えたKOHHが、前作『Untitled』の冒頭を飾る"ひとつ"のミュージックビデオを公開した。

このミュージックビデオはKOHHとしての作品ではなく、昨年2月にサプライズリリースされたアルバム『Untitled』の冒頭を飾る"ひとつ"に感銘を受けたHAVIT ART STUDIOが独自に企画し、2019年5月より制作を開始
ミュージックビデオは楽曲の持つ壮大なテーマとサウンドの世界観を元に撮影された映像と、世界的なダンサーとして活躍する田中泯(たなかみん)のダンスで構成されている。

また、次作『worst –Complete Box-』に付属するBlu-rayには、去る2020年1月に行われた『KOHH Live in Concert』を完全収録。三部構成公演のラストパートの冒頭で24名の弦楽器奏者を従え現れたKOHHにより披露された"ひとつ"の圧倒的存在感は大きな見どころのひとつだ。なお『worst –Complete Box-』はオンラインでの予約注文が大幅に生産枚数の上限数を超え、一時予約中止となっていたが、週末より生産数が確保され、予約の再受付がスタートしている。

Info

KOHH
album『worst -Complete Box-』
※CD+Blu-ray 2枚組
2020年4月29日(水)発売
COZP-1667~8 5,999円(税込)
●CD
*収録楽曲(全15曲)
1. Intro
2. Sappy
3. Rodman
4. 2 Cars
5. Anoko
6. I Think I’m Falling
7. John and Yoko
8. ゆっくり
9. レッドブルとグミ
10. シアワセ (worst)11. Is This Love
12. 友達と女
13. What I Want?
14. They Call Me Super Star
15. 手紙

KOHH Live in Concert
at LINE CUBE SHIBUYA on January 16th, 2020
【Band Set】
M01. I Want a Billion
M02. Imma Do It
M03. Living Legend
M04. Dirt Boys II
M05. Die Young
M06. Free Dutch Montana
【DJ Set】
M07. We Good
M08. Bodies
M09. Living in (Remix)
M10. 飛行機
M11. 気楽にやる
M12. 貧乏なんて気にしない
M13. 暗い夜
【Strings Set】
M14. Introduction
M15. ひとつ
M16. Hate Me
M17. Mind Trippin’ II
M18. 手紙
M19. I’m Dreamin’
M20. ロープ

★アルバム『worst –Complete Box-』予約受付はこちらから
https://nippon-columbia.lnk.to/76Glb

related

【独占】KOHHの最新作『YELLOW TAPE 5』が王子復興財団限定でリリースへ

KOHHがリリースを予告していたミックステープシリーズ最新作『YELLOW T△PE 5』を、オフィシャルメンバーズサイトの王子復興財団限定でリリースされることがわかりジャケットも公開されている。

KOHHが最後と思われるアルバムツアーを開催へ | "John and Yoko"のMVも公開

昨年現名義での引退を発表し、最後と思われるアルバム『worst』をリリースしたKOHHが、アルバムツアー『WORST TOUR』を3月から開催する。

KOHHがHARLEMのカウントダウンパーティーに出演

渋谷のクラブ・HARLEMのカウントダウンパーティーの出演者が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。