COMPUMAが最新ミックスCD『Innervisions』をBlack Smoker Recordsからリリース

ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組での活動を経てDJとして活動し、近年は悪魔の沼の一員として各地を飛び回るCOMPUMAが、最新ミックスCD『Innervisions』を4月にBlack Smoker Recordsからリリースする。

最新ミックスCD『Innervisions』は、COMPUMAらしく一聴すると淡々と進みながらも、どこか緊張感を持ったグルーヴが連なっていく作品になっている。

キックと低音の反復で踊らせるわけではなく、現実逃避をうながすためのヒーリングミュージックでもない。曖昧に溶け合い解体された音の粒子は見えないこの世界の不穏を象徴している。姿は見えないが確かに存在する気配は輪郭を持たない一つの生命体だ。 蔓延するウイルス、歪みきった情勢、積もる不安と焦燥。何層にも重なった気配の向こう側で警告ランプのリズムは乱れる。
レコード。時間をつかまえる。記録することの意味を考えた。完璧さは何も救わないことがすでに証明された今、松永は再現不能な瞬間の存在に未来を託した。それは未来と呼ぶにはずいぶんと怪しい表層をしているが、その音と音が擦れ合う接触部分からは確かに未来の匂いがした。
わたしはその未来の匂いをゆっくり肺にいれ、息をとめて体の節々に行き渡らせると、今日も霧の中を前だと思う方に向かって歩きはじめる。入り口も出口もない霧の中をただその肉は闊歩する。
2020
(マヒトゥ・ザ・ピーポー)

Info

Innervisions / COMPUMA

part2 45:35
part3 33:23
Artwork by Mashu Oki & Satoshi Suzuki Mastered by hacchi

related

BLACK SMOKERによる恒例の『BLACK GALLERY』が今年も開催 | 会期中にはライヴやDJも

舞台作品『BLACK OPERA - 鈍色の壁 / ニブイロノカベ -』も成功させたBLACK SMOKER RECORDSによる、年末恒例の感謝祭『BLACK GALLERY』が12/13(金)から12/15(日)まで東京・恵比寿のKATAで開催となる。

COMPUMAによる『7HOURS LOFT』が10周年スペシャルイベントを開催|GOLD DAMAGE、悪魔の沼などが登場

COMPUMAが不定期で主催してきたパーティー『7HOURS LOFT』が10周年スペシャル『ゴルダメvs悪魔の沼』を、12/8(日)に恵比寿・LIQUIDROOM2階のTime Out Cafe & Dinerで開催する。

KID FRESINOとCH.0がレジデントを務めるDJパーティー『OFF-CENT』がCompumaをゲストに迎え9月に開催

KID FRESINOとCH.0がレジデントを務めるDJパーティー『OFF-CENT』が、9/1(日)に東京・渋谷のGalaxy - Gingakeiで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。