『CROSSING CARNIVAL'20』の第二弾出演者でISSUGI、OMSB 、C.O.S.A.、dodo、FNCY、Campanella、Daichi Yamamotoなどが出演決定

CINRA.NETが主催する音楽イベント『CROSSING CARNIVAL'20』が、5/16(土)に東京・渋谷の7会場のライヴハウスで開催される。

王舟や君島大空、曽我部恵一などがラインナップされた第一弾に続き、第二弾出演者が本日発表となった。今回発表されたのは、ISSUGIやOMSB、C.O.S.A.、dodo、FNCY、Campanella、Daichi Yamamotoなどのヒップホップアクトとなっている。

今年の開催テーマは「変化」という『CROSSING CARNIVAL'20』、今後はどのようなアクトがラインナップされるのだろうか。

Info

■第2弾アーティスト
ISSUGI / ELLE TERESA / OMSB / Campanella / gummyboy / C.O.S.A. /
JAZZ DOMMUNISTERS / 仙人掌 / Daichi Yamamoto / Dos Monos / dodo / FNCY / MARIA
■第1弾アーティスト
王舟(トリオ編成) / 君島大空 / CRCK/LCKS / 柴田聡子inFIRE / 曽我部恵一 / betcover!! / 吉澤嘉代子 / YOMOYA/ Lucky Kilimanjaro

2020/5/16 土
12:30/13:00 ※タイムテーブル詳細は後日発表します。
TICKET
¥5,500
TSUTAYA O-EAST/TSUTAYA O- WEST/TSUTAYA O-NEST/duo MUSIC EXCHANGE/WOMB LIVE/clubasia/7th FLOOR

※ 整理番号有り・ オールスタンディング・税込・1ドリンク代別途必要(リストバンド引き換え時にドリンク代を徴収させて頂きます) ※ 当日は各会場定員に達し次第入場規制がかかりご覧いただけない場合もございますので、予めご了承ください。
※ 当日は会場間の移動は時間に余裕を持ってお願いいたします
※ リストバンドは当日11:30~(予定)O-EAST入り口付近にて引き換えをスタートいたします。
※ リストバンドの破損・紛失については如何なる理由に関わらず再発行はいたしません。

□一般発売:下記にて発売中 チケット情報:・e+・チケットぴあ(P:179-004)・ローソンチケット(L:72423)・LINE TICKET・岩盤 ganban.net

主催:CINRA.NET
協力:SMASH
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751 https://smash-jpn.com

related

dodoがCrocsとのコラボで"Fo"のミュージックビデオを本日プレミア公開

7月に2ndアルバム『normal』をリリースしたdodoが収録曲"Fo"のミュージックビデオを、本日9/23(水)の20時にプレミア公開する。

MANONとdodoのコラボ曲“WORLD’S END”と藤原ヒロシによるリミックスを収録した限定アナログがリリース

地元・福岡の高校を卒業、大学入学に伴い活動の拠点を東京へと移したMANONが、dodoを迎え7月にリリースしたシングル“WORLD'S END”。その限定アナログバージョンが、同時リリースされ大きな話題を呼んだ藤原ヒロシによるリミックスを収録し10月28日に発売となる。

STUTSがミニアルバム『Contrast』を本日リリース | SUMIN、Daichi Yamamoto、鎮座DOPENESSを客演に迎えた"Mirrors"のSpikey Johnによるミュージックビデオを公開

STUTSが2年ぶりとなる待望の新作『Contrast』を本日9/16(水)にリリースし、収録曲で韓国のシンガーソングライターSUMIN、Daichi Yamamoto、鎮座DOPENESSを客演に迎えた"Mirrors"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。