角銅真実のアルバム『oar』から"December 13"と"Lullaby"のショートビデオが公開

ソロ活動に加えて、ceroのサポートや石若駿SONGBOOK PROJECTなどでも活動する打楽器奏者/シンガーソングライターの角銅真実が、1月にリリースしたデビューアルバム『oar』から、"December 13"と"Lullaby"のショートビデオが公開となった。

三田村亮が監督したビデオは、昨年12月に吉祥寺キチムで行われたアルバム・プレリリース・ライヴの映像をもとにしたもので、ショート・フィルムのような幻想的なイメージが印象的だ。同コンセプトの映像は、この後も2/7(金)、14(金)に公開予定だ。

また、ユニバーサルミュージックのサイトには、ライターの松永良平によるオフィシャルテキストの第一弾が公開された。今回はイントロダクションとして、角銅真実のこれまでの音楽家としての軌跡を過去のインタビューコメントとともに辿っている。

Info

「oar」
好評発売中
UCCJ-2176 \3,300 (tax in)
ユニバーサルミュージック
ご購入・試聴はこちら https://jazz.lnk.to/OarID

1. December 13
2. Lullaby
3. Lark
4. November 21
5. 寄り道
6. わたしの金曜日
7. Slice of Time
8. October 25
9. 6月の窓
10. January 4
11. いかれたBaby
12. Lantana
13. いつも通り過ぎていく

related

環ROYと角銅真実がライブパフォーマンスをAmazon Music Japan Channelにて配信

8月4日にリリースした“憧れ (角銅真実 Remix)”も話題となっている環ROYと角銅真実が、二人では初となる生演奏でのライブパフォーマンスを9月8日(水)にAmazon Music Japan Channelにて配信する。

環ROYの最新作『Anyways』のリミックスプロジェクトが始動 | 角銅真実による"憧れ"のリミックスがリリース

環ROYの最新作『Anyways』を気鋭のアーティストたちがリミックスするプロジェクトが始動。

トランペッターの黒田卓也が3年半ぶりのニューアルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』をリリース|角銅真実、YonYon、MELRAWなどが参加

2014年にUSブルーノート初の日本人アーティストとして『ライジング・サン』でメジャーデビューし、以降ニューヨークをベースに世界的な活躍を続け、日本国内でもMISIAやJUJU、ceroとのコラボなど、ジャンルレスにキャリアアップを重ねてきたジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニューアルバム『フライ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。