鴨田潤が自身初となる詩集『言葉の星座』と最新アルバム『三』を発表

イルリメこと鴨田潤がこれまで作ってきた歌詞の中から厳選した詩集『言葉の星座』と、鴨田潤名義としては3作目のアルバム『三』を発売することが決定した。

100篇の歌をまとめた詩集『言葉の星座』には、イルリメ、鴨田潤名義の作品に加えて、1)(さらうんど)、SPDILLなどのユニットや、様々なアーティストへ提供してきた歌詞が収録。

また合わせて収録される『三』は、作詞・曲と歌は全て鴨田自身、ギターには2)(さらうんど)でもサポートを務めていたKASHIFを迎えたソロアルバムでミックスはIllicit Tsuboiが担当した。

デビューから約20年鴨田潤の才気溢れる詩の世界をこの機会にぜひとも堪能してもらいたい。

Info

鴨田潤/詩集『言葉の星座』+CDアルバム『三』

形態:書籍+CD
発売日:2020年2月26日
定価:本体 2,500円+税
発売元:リトルモア
ISBN:978-4-89815-515-8 C0073

CDアルバム『三』収録曲
1. 終わりよ
2. 愛
3. 久々
4. 道草
5. 切札
6. 旅の雫
7. 最中
8. 100

作詞・作曲:鴨田潤
Guitar, Guitar Arranged by KASHIF(PPP)
Mixed & Mastered by The Anticipation Illicit Tsuboi @ RDS Torirtsudai

全国の書店・レコード店にて発売

脚注   [ + ]

1, 2. (さらうんど

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。