21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

昨日、21 Savageは自身のTwitterにてこうツイート。


彼は「Pluto(Futureのこと)とSlime(Young Thug)はリリースされる楽曲の9割にクレジットされるべき」と笑いの絵文字とともに綴った。

実際、Young Thugはキャリア初期のLil Babyを大きくサポートしたことが知られているが、彼は8月に行われたRolling StoneのインタビューにてGunnaとLil Babyの両者について触れている。「彼らはただありのままで、このヒップホップシーンに出てきて、家族を養うことが出来ているし、俺が過去の10年間でやってきたことをしてるだけだ。それは俺にとって違った意味での励ましになる」とGunnaやLil Babyのおかげで自身のやってきたことは間違いではなかった証明になると述べたYoung Thugは続けて「それから俺は俺の存在が彼らがいる理由の1つだってことが分かったんだ。分かると思うけど、すごい謙虚に言うと、肉体的じゃなく精神的な理由の1つだった。俺は彼らを道から外れさせないようにするための、本当の意味でのメンターだった。お金をかけるな、これをするな、俺が犯してきた間違いを犯すな(っていうふうにね)。それは俺をとても幸せにしてくれる」と彼らに教えを説いてきたことを明かしている。

今回の21 Savageのツイートは冗談だろうが、それほどこの2人がヒップホップシーンに与えた影響は計り知れないということなのだろう。今一度、2017年にリリースされたFutureとYoung Thugのジョイントプロジェクト『Super Slimey』を聞き直してみてもいいかもしれない。

related

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。