Rina SawayamaがThe 1975などを擁するDirty Hitと契約 | 日常的な差別への怒りがテーマの新曲"STFU!"をリリース

ロンドン在住のシンガーRina Sawayamaが、The 1975やNo Romeなどを擁するDirty Hitと契約。本日最新シングル"STFU!"をリリースした。

今作のテーマは、内在的な人種差別や、見過ごされている日常的な差別への怒りだ。日本人の女性として欧米で過ごしてきた彼女の実体験が色濃く反映されている。日本に生まれ、5歳の時に彼女の家族と共にイギリスに移住したSawayama。10代の頃に音楽と学問への愛情に気づいた彼女は、ケンブリッジ大学へ進学。しかしそこで、人種間の文化の違いと障壁を見つけることになり、この経験が、現在の彼女の音楽性に多大な影響を与えた。

Sawayamaは、同曲についてこのように語っている。

「『STFU!』は、マイクロアグレッション(※悪意のない小さな差別的な言動や行動のこと)に対する怒りを解き放つことがテーマになっています。欧米で過ごしてきた日本人の女性として、あまりにも多くの偏見に晒されてきました。
例えば、性的な偏見、Lucy LiuとかCho Changとの比較、アンオフィシャルな東京のPR大使になったこと(私は4歳で、この西洋が盲目的に夢中になっている街を飛び出したのに!)、闇雲にアジアの言葉で挨拶してくる人たち(ニーハオ!とかコンニチワ!とか)、切れ長の目を茶化してくる人たちにも。ここ数年、私はこういったマイクロアグレッションに対してコメディで対抗してきました。アジア系の友人たちと、あまりにも稚拙な差別体験を笑い合い、絆を深めてきました。
ユーモアを通して、私たちは傷を癒し、前へ進むことができるのです。
これこそが『STFU!』が象徴するものです。沢山の人がまるで”褒め言葉”かのように私に言ってきた笑ってしまうような偏見と(特に最初のデートみたいなシチュエーションで)、小さな差別意識を、曲の中で凝縮していくことは、まさにセラピーのような体験でした。」

彼女は現在、アルバムの最終制作段階に入っている。

Info

 

https://avex.lnk.to/Rina_STFUPR

related

Calvin Kleinの春のキャンペーンにMegan Thee Stallion、Koffee、Rina Sawayama、Sage Elsesserなどが登場

Calvin Kleinがジーンズとアンダーウェアの春のグローバルキャンペーン『Blank Canvas』を公開した。

Rina Sawayamaがデビューアルバム『SAWAYAMA』を4月にリリース | 先行シングル"Comme Des Garçons (Like The Boys)"も本日リリース

昨年、The 1975などを擁するDirty Hitとの契約でも話題となったロンドンを拠点に活動するポップフューチャリストRina Sawayamaが1月17日、最新曲"Comme Des Garçons (Like The Boys)"をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。