SALUのニューアルバム『GIFTED』のリリース日が決定

ラッパーのSALUによるオリジナルアルバム『GIFTED』の発売日が12/4(水)に決定し、合わせてジャケット写真が公開となった。

 今回公開されたジャケット写真には、自身の幼少期の写真を使用。生い立ちやバックグラウンドを明かす私小説的な作品となっていることを、ヴィジュアルでも表現した。また、今回は通常の配信リリースに加えてECサイト限定でフィジカル盤もリリース。 フィジカル盤は大型フォトブックの中にCD(アルバム)+DVD(MV)が封入された豪華仕様となる。

アルバムリリース後に開催されるSALU初のZeppワンマン公演『SALU THE LIVE 2019→2020 GIFTED』のゲストには、EXILE SHOKICHI(12/13(金)大阪公演)とJP THE WAVY(12/13(金)大阪公演+1/17(金)東京公演)の参加が決定。チケット一般発売は、11/16(土)から各プレイガイドにて、スタートとなる。

Info

【ECサイト限定盤】
CD+DVD+大判ブックレット
12月4日 (水) 5th ALBUM『GIFTED』
CD(全15曲)+DVD(MV4曲)収録
完全初回生産盤(7000円+税)
予約URL: 
https://www.exiletribestation.jp/products/detail.php?product_id=18926

【ワンマン公演情報】
SALU THE LIVE 2019→2020 GIFTED

2019年 12月13日(金)
大阪公演@Zepp Namba
OPEN 18:00/START 19:00
INFO: サウンドクリエーター
06-6357-4400 (平日12:00~17:00)

2020年 1月17日(金)
東京公演@Zepp DiverCity Tokyo
OPEN 18:00/START 19:00
INFO:チッタワークス
044-276-8841 (平日12:00~19:00)

【チケット料金】
1階スタンディング:前売 5,000円 (税込) ドリンク代別
2階指定席:前売 5,500円 (税込) ドリンク代別
※入場時ドリンク代別途必要です。
※入場は整理番号順になります。(1階スタンディングのみ)
※未就学児入場不可。

【チケット一般発売】
11/16(土)10:00~

・ローソンチケット  https://l-tike.com/salu/ (Lコード:大阪公演 55982/東京公演 72964)

・チケットぴあ   https://w.pia.jp/t/salu/ (Pコード:大阪公演 166-948/東京公演 167-168)

・イープラス(e+)  https://eplus.jp/salu2019/ 

・SC TICKET    https://www.sound-c.co.jp/ticket/  (大阪公演のみ取扱い)

related

SALUが久しぶりにBACHLOGICプロデュースの新曲"ZERO"をリリース | SNSを辞めることも発表

全国9カ所を回るツアー『ZERO TOUR』の全公演が中止となっていたSALUが、本日5/7(木)に突如として新曲"ZERO"をリリースした。

WON¥ENがSALUとELIONEを客演に迎えた新曲"Only One"のミュージックビデオを公開

神奈川・厚木を拠点とするラッパーで、同郷のSALUのアルバム『GIFTED』にも参加していたラッパーのWON¥EN (ウォン・エン)が、そのSALUとELIONEを客演に迎えた新曲"Only One"のミュージックビデオを公開した。

【ライヴレポート】SALU『SALU THE LIVE 2019→2020 "GIFTED"』 | 「やっとここまで戻ってこれたよ」心の痛みと決別するための特別な公演

SALUが1/17にワンマンライヴ「SALU THE LIVE 2019→2020 "GIFTED"」を開催した

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。